ジャパン・バード・フェスティバル2015が開催されます


こんにちは。サポーター事業室の小田です。

今週末の10/30(土)と11/1(日)、「ジャパン・バード・フェスティバル2015」が千葉県我孫子市で開催されます。

全国から鳥好きのみなさんが集うこのイベント。

会場内のリコーイメージング(株)ブースでは、WWFがその保全に取り組んでいる、東アジア最大級のシギ・チドリ渡来地、黄海の自然と、そのプロジェクトを紹介するポスターも掲示します。

また、同ブース内では、同社のご協力により、WWFが制作した冊子の配布を行なうほか、WWF支援モデル双眼鏡(PENTAX Papilio II WF)の販売なども行ないます。

秋の渡りが終わり、これからは冬鳥のシーズンです!

当日、会場でこの双眼鏡をお買い上げ頂いた方には、特製パンダのタオルセットをプレゼント! また、ご希望の方には、全部で7種類の「鳥のぬり絵」も差し上げます。

こちらのプレゼントやぬり絵は数に限りがあり、先着順となっておりますので、お早めに!

秋の休日のひととき、国境を越えて旅する渡り鳥たちに思いを馳せてみませんか?

ブースにも是非お立ち寄りください。

WWF支援モデル双眼鏡

WWFジャパンの通販サイト「Panda Shop」

この記事をシェアする

森林・野生保護室 野生生物グループ
小田 倫子

弁護士として10年間稼働後、家族の転勤に伴い沖縄県名護市に居住したことを契機に、自然保護の仕事を志し大学で保全生態学を専攻、2013年WWF入局。法人パートナーシップ担当として生物多様性保全・気候危機対策に関する企業との協働プロジェクトの提案・実施業務を担当後、野生生物グループに異動、今は国内希少種を保全するフィールドプロジェクトを担当。
学士(法学・農学 東京大学)
法学修士(カリフォルニア大学バークレー校)

国内希少種の宝庫である南西諸島で主に活動しています。フィールドで生き物に出会い、その美しさ・不思議さを仲間と分かち合える瞬間が至福の時。趣味は里山散策と水生生物の観察。

人と自然が調和して
生きられる未来を目指して

WWFは100カ国以上で活動している
環境保全団体です。

PAGE TOP