「いいね」受付中!「つながっている 私たちと世界」をインスタグラムで発信


こんにちは。森林担当の古澤です。

先日「つながっている 私たちと世界」をテーマにした中高生向けのワークショップ「キリン・スクール・チャレンジ」に講師として参加してきました。

これは「森を守るマーク」としてWWFが普及を推進している森林認証制度、FSCの認証紙を容器包装に使った飲料、キリン・トロピカーナを事例に、身近にある飲み物と世界のつながりを参加者に講義形式で伝え、そこから得られた情報をインスタグラムで発信するというものです。

WWFからは世界の森林資源や、FSCの意味などについて紹介。

次に飲料を生産しているキリン株式会社からは持続可能な調達に関する取り組み、商品開発に込めた思い、商品が出来るまでのストーリーなどについてお話がありました。

さて、難しかったのはここからです!

参加した皆さんは「トロピカーナ×森林保護」をテーマに、講義を通じて得たことを写真で表現しなければなりません。

文字で受け取った情報を写真という非言語で表現とは...、私は脳の普段使っていない部分がムズムズするような気がしましたが、出来上がった作品は素晴らしいものばかり。

たった一枚の写真ですが、メッセージが詰まっています!

作品は協働主催団体の「こども国連」のアカウントでインスタグラムに投稿されていて、8月末までその「いいね」数を競うことになっています。

「いいね」を押すにはインスタグラムのアカウントが必要ですが、気に入った作品に是非「いいね」してみて下さい。

自然保護室 森林グループ所属
古澤 千明

主にミャンマーとタイを担当しています。紙や天然ゴムといった森林資源に由来する暮らしに欠かせないものの持続可能な利用にも取り組んでいます。

昔から自然や生き物への興味はあったけどまさかWWFで働くことになるとは思わなかった(笑)。自然科学や生物のスペシャリストではない自分だからこそ、得られる理解・賛同もある!と信じつつ、そうは言っても日々勉強。

この記事をシェアする

人と自然が調和して
生きられる未来を目指して

WWFは世界約100か国で活動している
環境保全団体です。

PAGE TOP