アースアワー 今晩です!


広報の三間です。
今日、午後8時30分からの1時間は、地球のこと、未来のことを、世界の人たちと一緒に考える「アースアワー」です。

すでに、南太平洋のサモアでは、午後8時半から1時間が経ち、アースアワーが終了。現在、ニュージーランドがアースアワーを迎えています。次は、アースアワー発祥の地、オーストラリア。こうして順ぐりに、8時半からのアースアワーを世界の国々がめぐり、地球を一周して終わるわけです。

日本のアースアワーも刻々と近づいてきました。
すでに、東京でのイベント会場である東京タワーでは、参加者の皆さんが、自転車をこいで明かりを生み出す「ミラーボール」を使った催しが始まっています。

夜の8時30分~9時30分、消灯した東京タワーのもとで、皆さんの力によるこのミラーボールが、どんな輝きを見せてくれるのか。今から楽しみです。

こうした催しや、モニュメントの消灯は、世界中で行なわれる予定です。
が、アースアワーは本来、決して大きなイベントではありません。一人ひとりが、電気を消し、キャンドルを燈してみて、60分間、普段はちょっと考えないことに、思いをいたしてみる、というだけのイベントです。

でも、そこには思いがけない発見や、日ごろ忘れている感謝に、気付くきっかけがあったりします。アースアワーが、そうした気持ちを、世界の人たちと共有していただく、そんな1時間にできれば、と思います。

facebookのページも作成しましたので、ぜひご感想やコメントを添えてキャンドルの写真などを投稿してみてください。

アースアワーは、本日3月23日、午後8時30分から9時30分までです。日本では、最初の1分間を、例年にならい被災地への祈りに捧げたいと思います。
ぜひご参加ください。

●Twitter、アースアワー ハッシュタグ #EarthHour

自然保護室 次長
三間 淳吉

森、海、気候、野生生物、さまざまな活動をサポートしています。

虫を追いかけ40年。鳥を追いかけ30年。生きものの魅力に触れたことがきっかけで、気が付けばこの20年は、環境問題を追いかけていました。自然を壊すのは人。守ろうとするのも人。生きものたちの生きざまに学びながら、謙虚な気持ちで自然を未来に引き継いでいきたいと思っています。

この記事をシェアする

人と自然が調和して
生きられる未来を目指して

WWFは世界約100か国で活動している
環境保全団体です。

PAGE TOP