本の紹介『消えゆく熱帯雨林の野生動物』


自然保護室の小林です。
よく耳にする「熱帯林の保全」という言葉。 大切な事だな、と思ってはみても、なかなかその中身までイメージできない、と思われることがありませんか?

今日は、そんなお気持ちを抱かれたことのある方にぴったりの本を、ご紹介したいと思います。

題して『消えゆく熱帯雨林の野生動物』(化学同人、2015年8月出版)。筆者は、長年ボルネオ島で野生動物の研究を続けてこられた、松林尚志博士です。

本書は、私たちWWFも保全活動を行なっているボルネオ島をはじめとした熱帯林のフィールドで、実際に取り組まれた調査の現場からつづられたもの。

樹上生活者と考えられてきたオランウータンに関する意外な発見や、野生のウシ、バンテンの知られざる生態、そして激しい密猟にさらされているセンザンコウの調査に現地の学生と取り組んだ話など、豊富な経験に基づいたストーリーが生き生きと語られています。

また、最後にはボルネオ島を飛び出し、インドやアフリカ、アマゾンの動物までもが登場。フィールドの世界の奥深さを、分かりやすく教えてくれます。

ただ、こうしたワクワクするような動物たちの話の一方で、もう一つのキーワードがタイトルの通り「消えゆく」という言葉。

実際、本書で紹介される野生動物のほとんどが、絶滅の危機にあるとされています。

彼らは今、どのような問題にさらされているのか。

そして、その保全を進める上で、基礎的な生態や遺伝に関する調査がいかに大切であり、活かすべきものであるかが、科学者の視点から明快に書かれています。

松林博士は本書を、これからの調査や保全を担う若い人たちに向けたものとして執筆されたそうですが、野生生物の調査やそのフィールドにご関心をお持ちの方ならば、きっと惹き込まれる一冊です。

ぜひ手に取ってみてください。

【関連情報】

この記事をシェアする

自然保護室 国内グループ所属
小林 俊介

WWFサンゴ礁保護研究センター・センター長。石垣島白保から、南西諸島の豊かな自然を守るためのプロジェクトを担当。

子供のころからの動物好きが高じて、東南アジアでの野生動物の研究に携わった後、WWFへ。森林関連の仕事に従事した後、石垣島白保の担当に。地域の声を大切にしながら、豊かな南西諸島の自然を守っていけるよう、微力ながら尽力します。

人と自然が調和して
生きられる未来を目指して

WWFは世界約100か国で活動している
環境保全団体です。

PAGE TOP