【ゲームあり】2017年のバレンタインはセンザンコウの恋を応援❤


今、世界で一番密猟をされている哺乳類とも言われる「センザンコウ」。

先日もそのウロコの押収や肉が食用にされたことなどが報道されました。

このセンザンコウのことをより多くの人に知ってもらおうと、WWFでは2月14日のバレンタインデーに合わせGoogleのDoodle(検索エンジンのロゴ)をセンザンコウ仕様に、そしてGoogleアプリゲームを公開しました。

真ん中のハートを押すとアプリゲームが開きます。

DoodleとGoogleアプリゲームはこちらからお楽しみいただけます。

ゲームでは実際にセンザンコウが生息するガーナ、インド、中国、フィリピンの4つの国がイメージされたステージを、体を丸めた センザンコウを転がしながら進んでいきます。

各ステージ中にあるチョコレートの原料であるカカオや、歌を歌うためのスキルなどのアイテムを集め、大切なパートナーのためにバレンタインへの準備をしていくというゆるめなゲームです。

丸くなったセンザンコウをスマートフォンやタブレットを傾けながら転がして進んでいきます。

センザンコウの不思議な生態や、その種の存続が危機的な状況にあることなどの情報も、可愛らしいアニメーションで紹介。

エンディングではすべてのアイテムを集めたセンザンコウはパートナーのもとへゆきます。

クリアすると、WWFアメリカのセンザンコウ特集ページ「Pangolin Love」へとリンクします(英語のみ)。

上記の画面で「検索マーク(虫めがね)」をクリックすると、センザンコウについて知ることができます。

こちらのDoodleとアプリゲームは2月14日のバレンタインデーまでの限定公開となりますので皆さまお急ぎお楽しみください!

昨年、南アフリカで開催されていた第17回ワシントン条約締約国会議では、国際的な商業取引が全面禁止になる採択がされるなど、その保護に向けた一歩を踏み出した明るい知らせもありました。

まずはこういった小さなところから、センザンコウへ興味を持っていただけたら嬉しいです。(広報担当:山本)

アーティチョークのような見た目をしているセンザンコウ

関連情報

この記事をシェアする

WWFジャパン ブランド・コミュニケーション室 メディア グループ長
山本 亜沙美

大学時代の専攻していた海洋生物学をきっかけに、絶滅危惧種や環境保全活動に興味を持ち始める。2005年卒業後、米セントラルフロリダ大学院にて生物学を学び、2007年に卒業。卒業後、航空会社にて運行管理のオペレーション業務に携わった後、2010年にWWFジャパン自然保護室アシスタントとして入局。2013年より広報・プレス担当として、取材対応、記者発表などをはじめとしたメディアリレーション、イベント企画・運営などに携わる。2018年7月からメディアグループ長として、広報全般・WWFジャパンのブランドコミュニケーションを担当する。

海洋生物学が専門のリケジョな広報プレス担当です。人の心に響くものはいつの時代も変わらずですが、今は伝える手法が多様化しつつあります。情報のトレンドを追いかけ、常に一歩引いた視点で物事を見るように心がけています。休みがあればスクーバ&スキンダイビングをしにどこかの島に行っています♪

人と自然が調和して
生きられる未来を目指して

WWFは世界約100か国で活動している
環境保全団体です。

PAGE TOP