温暖化のコワさを絵にすると...?


Web担当の三間です。暑い日が続いております。
事務局も、特に窓の近くは熱帯のようです。

「ロシアでも猛暑」というニュースを聞いて、ふと思い出したモノがありました。
ずいぶん前に、WWFロシアが作った地球温暖化のパンフレットです。

温暖化が進むと、蚊やノミやネズミといった感染症を媒介する動物が、ロシア国内に広がることを指摘したもの。

内容はまあマトモなのですが、驚愕したのはそのデザインで、使われているイラストが、なんと、ヒエロニムス・ボスの絵。

温暖化の怖ろしさを、ボスの世界で表そうとしたのか、いずれにせよオドロオドロしさ満点、前代未聞の代物です。

温暖化をイメージで伝える、という点は、私たちも普段苦慮するポイントですが、ここまで来ると、もはや感服の域。後生大事に机にしまっておいた時点で私は完敗、です。

件のパンフレット、個人的にはシリーズ化を期待しましたが、その後は、同様の印刷物が出回る事もなく、幻の逸品となりました。

 

20100818s.jpg

 

 

自然保護室 次長
三間 淳吉

森、海、気候、野生生物、さまざまな活動をサポートしています。

虫を追いかけ40年。鳥を追いかけ30年。生きものの魅力に触れたことがきっかけで、気が付けばこの20年は、環境問題を追いかけていました。自然を壊すのは人。守ろうとするのも人。生きものたちの生きざまに学びながら、謙虚な気持ちで自然を未来に引き継いでいきたいと思っています。

この記事をシェアする

人と自然が調和して
生きられる未来を目指して

WWFは世界約100か国で活動している
環境保全団体です。

PAGE TOP