[COP10関連] さまざまなお客さま


名古屋のWWFブースより、清野です。昨日と今日は休日のためか、家族連れや学生の方がブースを多く訪れてくださいました。

もちろん国際会議の会場を目の前にしていますから、海外からのお客さまも入れ替わりでいらっしゃいます。

そんな中、とても嬉しいお客さまが今日ブースをおとずれてくださいました。会員として、長くWWFを応援してくださっている成田さんです。

地元にお住まいの成田さんが、WWFに入会くださったのは1992年とのこと!
今日は、「名古屋でイベントやるの待っていました」と、真っ先にWWFブースに立ち寄ってくださいました。本当に感激です!ありがとうございました。

また、今日はお休みの日にもかかわらず、松本環境大臣もWWFブースに立ち寄ってくださいました。報道のカメラもたくさん一緒に引き連れていらっしゃったので、テレビにも映ったかも!?

ブースは毎日夜6時半までやっております。時折公開で記者会見や発表などもやっていますので、ぜひのぞきに来て見てくださいね。

20101017i.jpg

WWF会員の成田さん。本当に長くWWFを応援してくださっているサポーターのお一人です。

20101017g.jpg
20101017h.jpg

 

 

この記事をシェアする

企画管理室
清野 比咲子

深海生物や昆虫など人間には思いつかない生きものを知るたびに仕事への意欲をキープしています。ワシントン条約会議で世界の人々の真剣な議論を目の当たりにし、自然保護の醍醐味を味わいました。いまは、地球にダメージを与えない新たな時代の暮らし方を模索し、「環境なくして経済なし」と言い続けています。

人と自然が調和して
生きられる未来を目指して

WWFは世界約100か国で活動している
環境保全団体です。

PAGE TOP