参加してみませんか?アジアの自然をテーマにしたフォトコンテスト


こんにちは、パンダショップの佐多です。
WWFジャパンの通販である「パンダショップ」では、昨年までWWFオリジナルのダイアリーを販売してきました。

1ページに7日分の記入欄があり、その向かいの見開きを自然や動物のイメージが飾るデザインで、さながら写真集のように、毎週素敵な写真を楽しめる長年の人気商品でした。

ところが、これを制作していたWWFイギリスが、この企画を終わりにしてしまったため、今年はダイアリーの販売ができず、少なからぬ皆さまより「残念!」「新しいものを是非!」というお声を頂戴することに。

そこで、私たちWWFジャパンでは、2017年に向けて独自のダイアリーの制作を行なうことにしました。

とはいえ、撮影の難しい自然や野生生物の写真を豊富に集めるのは簡単ではありません。

そんなわけで頭を抱えていたところ、思いがけないご助力をいただくことができました。

なんと、写真コンテスト「ネイチャーズベストフォトグラフィーアジアアワード」の関係者の方々が、過去に賞を受けた作品の使用を許諾してくださったのです。

こちらは、優秀作品はアメリカの「スミソニアン国立自然史博物館」に通年で展示される、というほどの権威ある写真コンテスト。

拝見したところ、どれもこれも素晴らしい作品ばかりで、これでダイアリーが作れる!と思うと、今からワクワクしてしまいます。

アジアの自然をテーマとしたこのアワードは、今まさに2016年度の作品を募集中です。

プロ・アマ問わずどなたでもご参加いただけるとのことですので、我こそは!と思う腕自慢の方は、ご応募されてみてはいかがでしょうか。

応募ページはこちらになります。

素晴らしい作品が見られる過去の受賞作品のギャラリーも、ぜひご覧になってみてください。

この記事をシェアする

ファンドレイジング室 パンダショップ・会報担当
佐多 成子

製品や読み物を通じて、WWFの活動に対してのより深いご理解とより幅広いご支援をいただくための、さまざまな活動に従事しています。
現在は、WWFジャパンの物販部門「パンダショップ」の販促企画や、会報「地球のこと。」の編集などを担当。自分の興味や感性を活かして環境保全活動に携われることに感謝する日々です。

学士(教養学)
大学卒業後、大阪の広告代理店で、各クライアントのマーケティング・プロモーション業務を担当するプランナー職に従事。その後、韓国に渡り、現地でコーディネーター兼ライターとして活動した後、2012年にWWF ジャパンに入局。入局後は、物販部門のパンダショップで商品企画や販促を含むショップの運営全般を担当。育休復帰後には、WWFの会報「地球のこと。」の編集や、寄付キャンペーンの企画にも携わる。
鹿児島県出身、一児の母。最近気になる生きものは、ワライカワセミとヤドクガエル。

人と自然が調和して
生きられる未来を目指して

WWFは100カ国以上で活動している
環境保全団体です。

PAGE TOP