<参加者募集中!>森を守るマークFSC(R)を探しに行こう!@赤羽


こんにちは。森林担当の古澤です。

「世界では、今も自然の森の減少が続いて...」といかにもWWFらしいことを言うと「木を使うのはよくない」と思われる方もいるかもしれません。

ですが一概にそう言い切れるものでもありません。

それは、野生の動植物や水源の保全などの周辺の自然環境、そして地域に暮らす人々や働く人々にも配慮しながら、暮らしに欠かせない木材を生産している森もあるからです。

そうした方法で生産された林産物にのみ付けられるのが、森を守るマーク「FSC」です。

FSCラベルラリー参加用紙

消費者は、このマークが入った製品を選ぶことで、きちんとした森の管理をする人たちを応援することができます。

「FSCのマーク、見たことありますか?」と聞くと残念ながら「ないよ?」と言われますが(笑)、じわじわと身近なところに増えてきています。

とはいえ、意識していないとなかなか気が付つかないものですよね。

そこで、そのことを体験していただくために、今ダイエー赤羽店にて「FSC ラベルラリー」を開催しています。

お店のなかにあるFSCのラベルのついた飲料パックやキッチンタオル、ノートなどの紙製品を探してみようというものです。

参加してくださった方には、FSCを説明する親子パンダ小冊子とシールをもれなくプレゼント

参加してくださった方には、もれなく親子パンダの小冊子やシール、そしてFSCマークの入った製品もプレゼント!FSCラベルラリーは明日、9月25日(金)までの開催です。

お近くの方、ぜひ参加していただければ嬉しいです。

実は、店舗でこうしたFSCの普及啓発のためのキャンペーンを行うのは初めてです。

日本のFSCの認知度はまだまだ高くありませんが、こうした取り組みによってFSCマークの付いた製品を選んでくださる方が増えればいいなと思います。

店舗の様子

自然保護室 森林グループ所属
古澤 千明

主にミャンマーとタイを担当しています。紙や天然ゴムといった森林資源に由来する暮らしに欠かせないものの持続可能な利用にも取り組んでいます。

昔から自然や生き物への興味はあったけどまさかWWFで働くことになるとは思わなかった(笑)。自然科学や生物のスペシャリストではない自分だからこそ、得られる理解・賛同もある!と信じつつ、そうは言っても日々勉強。

この記事をシェアする

人と自然が調和して
生きられる未来を目指して

WWFは世界約100か国で活動している
環境保全団体です。

PAGE TOP