COP22閉幕 本格的に動き出したパリ協定


アフリカ、モロッコのマラケシュより温暖化・エネルギー担当の山岸です。

こちらで開かれていた国連気候変動会議COP22が先ほど終了しました。

結果としては、2018年に向けたパリ協定のルールブック作りを、なんとかスタートさせることができました。

詳しくは、報告をお読みただければと思いますが、ひとまずは順調な成果を挙げたと言えます。

特に、この会議では、「パリ協定」のもと、各国の温室効果ガスの削減目標の見直しに向けた「2018年の促進的対話」の準備を開始することが決まりました。

「パリ協定」が本当に今後、世界の温暖化防止の役に立つものになるのか。

それを左右するこの重要な論点については、私たちWWFを含め、NGOが一丸となって、各国政府に水面下で懸命に働き掛けた結果でもあるので、個人的にもほっとしています。

閉会式でスピーチする次回COP23のホスト国フィジーの代表。米大統領選の選挙の結果もCOP22の参加者には衝撃でしたが、交渉自体は影響を受けることなく淡々と行なわれました。

もっとも、いくつかの点では、最後まで交渉が難航し、今回もしっかり(?)会議は深夜まで継続。

「パリ協定のルールブック作りの期限を2018年とすることは、かなり早い段階で大筋合意ができているから、そんなに揉めないだろうし、予定通りに終わるかもな」などという、私の甘い予想(期待)は裏切られる結果になりました。

それでも、COP22で無事に今回の合意ができたことは、世界が、そしてパリ協定という巨大な仕組みが、着実に動き始めていることを感じさせるものでした。

気候変動の脅威にさらされる南太平洋の島々。次回のCOP23はドイツでの開催ですが、ホスト国はこの島々よりフィジーが選ばれることになりました。

2週間にわたり、現地からの報告をお届けいたしました。

ご関心を持って見守ってくださった皆さまに、心よりお礼を申し上げます。

ここで感じた世界の風を国内にも伝えて、日本の温暖化防止がさらに加速するように、また帰国したら頑張っていきたいと思います。

関連情報

現地より動画配信中!

COP22会場より、WWFジャパンのスタッフが現地の様子をお届けしています。

この記事をシェアする

自然保護室 気候変動・エネルギーグループ所属
山岸 尚之

国連交渉や国内の気候・エネルギー政策でのアドボカシー(提言)活動を担当。

京都議定書が採択されたときに、当地で学生だったことがきっかけでこの分野に関心をもち、大学院を経てWWFに。以来、気候変動(地球温暖化)という地球規模の問題の中で、NGOがどんな役割を果たせるのか、試行錯誤を重ねています。WWFの国際チームの中でやる仕事は、大変ですがやりがいを感じています。

人と自然が調和して
生きられる未来を目指して

WWFは世界約100か国で活動している
環境保全団体です。

PAGE TOP