©気候変動イニシアティブ

気候変動アクション日本サミット2020開催!


2020年10月13日、気候変動をテーマにした一大イベント「気候アクション日本サミット(JCAS)2020」が、開催されました。

JCAS2020は、日本の企業や自治体、NGOなど、500以上の非国家アクターが参加するネットワーク「気候変動イニシアティブ(Japan Climate Initiative: JCI)」が主催。WWFジャパンは、CDPジャパン、自然エネルギー財団と共にJCI事務局として、開催に取り組みました。
例年10月、JCIの活動を象徴するイベントとして開催されるJCASですが、今年は初めてオンラインで開催。なんと、これまでの2倍以上となる1500人もの方が参加されました。オンライン化の加速、そして気候危機への関心の高まりが、まさに日本でも大きなうねりを起こしていることが伺えます。

© WWF Japan

企業、自治体のリーダーが国の気候変動政策の強化についても議論

JCAS2020の大きなテーマは、このコロナ禍がもたらした困難な状況の中でも、脱炭素化の取組みを進める機運を高めることでした。
国内外から、様々な立場から気候変動対策をリードする方々が登壇。まさにテーマにのっとった、心強く、励まされるスピーチ、議論が行われました。

© WWF Japan

(左)パネルセッションではWWFジャパン専門ディレクターの小西が登壇者の本音を引き出した

脱炭素化は待ったなしです。コロナ禍だからこそピンチをチャンスにして、企業や自治体などが、それぞれで、また協同して、対策を進めるという前向きな気持ち。また、政府が高い目標と具体的な道筋を示して、日本の脱炭素化をリード・後押ししていくことの重要性が、JCAS2020の大きなメッセージとして届けられたように思います。

JCAS2020のプログラムやスピーチ・議論の具体的な概要、当日の資料や映像を、下記の関連リンクよりぜひご覧ください!

(気候・エネルギーグループ 田中)

プログラム、資料、映像(近日公開予定)はこちら
【資料公開】10月13日オンライン開催「気候変動アクション日本サミット2020」
https://japanclimate.org/news-topics/jcas2020/

JCAS2020の概要レポートはこちら
【概要レポート】気候変動アクション日本サミット2020
https://japanclimate.org/news-topics/jcas2020-report/

この記事をシェアする

WWFジャパン 気候・エネルギーグループ 非国家アクタープロジェクト担当
田中 健

修士(理学・九州大学)
福岡県庁、経済産業省で廃棄物管理やリサイクルなどの環境保全行政に従事、日本のリサイクル企業の海外ビジネス展開を支援。その後、日本科学未来館にて科学コミュニケーターとして、アジア・パシフィックの科学館と連携した持続可能な社会プロジェクト等を担当。2018年8月から現職。気候変動イニシアティブ(Japan Climate Initiative: JCI)等、企業や自治体など非国家アクターの気候変動対策の強化に取り組む。

子どもの頃から、自然や生き物の「なぜ?」を探るのが好きでした。自治体や国で環境保全に10年取り組むも、「もっとたくさんの人に環境問題を伝えたい!」と思い、科学館スタッフを経てWWFへ。これまでの経験をまとめて生かし、地球温暖化という大きな課題にチャレンジ精神で取り組みます。

人と自然が調和して
生きられる未来を目指して

WWFは世界約100か国で活動している
環境保全団体です。

PAGE TOP