Bangkokに来ています!


水産担当の山内です。
タイのバンコクで9月13日に始まった、マグロの国際会議に来ています。

この会議は、INFOFISHという国際機関が主催しているもので、世界のマグロの資源状況や市場の動向、今後のマグロにかかわるビジネスの有り方などについて、議論が交わされています。

集まっているのは、産業界はじめ、資源保護に取り組む国際機関や環境NGO、また持続可能な漁業資源の利用に取り組む認証機関の関係者など、さまざまな分野の人たち。参加者は、のべ60以上の国から、600人あまりにのぼるそうです。

この会議は、これから先10年の、マグロの持続可能な資源利用に向けた、大きなステップとして期待されている機会! WWFも取り組んでいるマグロ資源の保全が進められるように、情報を収集しつつ、会議の行方に注目してゆきたいと思います。

 

 

20100916a.jpg

 

この記事をシェアする

自然保護室 海洋水産グループ長
山内 愛子

小さい頃から水族館が大好きでした。ご縁があって、水産学を学び、海の専門家として生きることに。これまで出会った海と暮らす人たちへの恩返しと、魚を食べるのが大好きな世界中の人々のために、7つの海を回遊しています。

人と自然が調和して
生きられる未来を目指して

WWFは世界約100か国で活動している
環境保全団体です。

PAGE TOP