[COP10関連] 東京駅前で生物多様性パネル展 実施中


自然保護室の安村です。
その帰還が日本で大きな話題となった、小惑星探査機「はやぶさ」のプロジェクトを推進している、JAXA(宇宙航空研究開発機構)のご協力により、今WWFでは東京駅前の地下広場で、生物多様性とCOP10についてのパネル展示を行なっています。

この企画は、JAXAが使用している地下通路の広告スペースをご提供いただき、実現することができました。

COP10開催月にあたる10月の約1カ月間、クイズ形式のパネルを掲示し、生物多様性を分かりやすく紹介しています。

展示期間は、10月9日から29日まで (変更になる可能性があります)。
お近くにお立ち寄りの際は、ぜひご覧になってみてください。

■展示場所:東京駅前地下広場(新丸ビルとオアゾの間)

 

なお、JAXAにはWWFで取り組んだ「南西諸島の生物多様性優先保全地域マップDVD版」の制作にもご協力をいただいています。

20101015d.jpg

より大きな地図で JAXA WWFパネル展 を表示

この記事をシェアする

企画管理室長
安村 茂樹

沖縄のサンゴ礁と森、中国・韓国の干潟の保全に従事。国際会議でサイドイベント主催やロビー活動をする機会をいただきました。国際、環境、NGO-この3ワードが合わさるWWFで、何をすべきか考え、その仕事の醍醐味を実感し、行動する。そんな機会を一人でも多くのスタッフに提供したいです。毎日、自転車で通勤し、休みは、川でカヌー漕いでいます。

人と自然が調和して
生きられる未来を目指して

WWFは世界約100か国で活動している
環境保全団体です。

PAGE TOP