「海の日」ではなくて「漁業の日」?


水産担当の山内です。今、WWFロシアと協力して進めようとしている「持続可能なサケ漁業推進プロジェクト」の仕事で、カムチャッカ半島に来ています。

日本では7月の第三日曜日が「海の日」ですが、ロシアでは、7月の第二日曜日が「ゲン ノバッカ(漁師の日)」と言って、漁業について考え、漁業の大切さを再認識する日なんだとか。

ちょうど私がカムチャッカに到着した週末は、金曜から3日間、町の広場でイベントなどが催されていました。私も土曜日に現地のWWFの同僚に連れられて、会場を訪れたのですが、何とも不思議な光景を目にすることとなりました。

まずは戦車の形をした調理用の車で、魚を使った「ウハー」というスープ料理作っているテントへ。軍服(?)を着た若者が、大きなおたまでサケの頭やカマを「戦車」にぶち込み、煮込んでいました。その何とも言えない良い香りに誘われ、あっという間に長蛇の列が。

また、広場のステージ上では、近辺の学校の生徒によるダンス発表会が行なわれましたが、皆一様に蟹やらイクラやら漁業に関係するコスチュームで登場。お立ち台もロシアの「イクラ缶詰」を模しています。

可愛らしいダンスの披露が終わると、今度は市長や地域の重鎮とともに、「海の神様」も一緒に壇上に上がり、「カムチャッカにとって漁業はとっても大事な産業です!!みなさん、一緒に漁業を盛り上げましょう!」という宣言がなされました。

日本からそれほど遠くない極東ロシアですが、新しい(面白い)発見がたくさんあります。日本も世界有数の水産大国。間もなくやってくる海の日に、「漁業」についても考えてみませんか?

 

20110712b.jpg

「漁業の日」のお祭り。カニのダンス

20110713a.jpg

「ウハー」を作っている調理用の戦車?とてもいい匂いです

20110712c.jpg

宣言の様子。壇上にはカニや魚たちも!

 

この記事をシェアする

人と自然が調和して
生きられる未来を目指して

WWFは世界約100か国で活動している
環境保全団体です。

PAGE TOP