エキスパートに学ぶ、サイ調査のいろは


こんにちは、自然保護室の小林です。
20年ぶりに生存が確認された"幻のサイ"スマトラサイが暮らすボルネオ島の森を、先日、訪れました。

するとそこには、なじみのある面々に混じって、WWFインドネシアのサイのエキスパート、イワンの顔が。

彼はふだん、ジャワサイの聖地と言われるジャワ島のウジュンクーロン国立公園で保護活動にあたっていますが、この時はスマトラサイ調査に合流していました。

彼に案内され歩を進めると、そこには、ぬかるみに残った幅20㎝ほどの足跡が!

WWFインドネシアのサイのエキスパート・イワン

3つの爪痕から、スマトラサイのものであるのは明らかです。

まさか、自分の目でスマトラサイが生きているその証を目の当たりにできるとは思いもしなかった私の興奮は、言うまでもありません。

足跡はスマトラサイの年齢や性別を推測する貴重な情報源です。

イワンによれば、幼い子連れの母親の場合、自らは後ろを歩き、前を行く子どもの足跡に自らの足跡を重ねることで、子の存在を悟られないようにすることもあるんだそう。

3つの爪痕からはっきりそれとわかる、スマトラサイの足型

次に彼は、ねじ曲げられた細い木の枝を指さしながら、サイが木の皮を食べようとした痕だと教えてくれました。

このような食べ方をするのは、世界に生きる5種のサイの中でスマトラサイだけだといいます。

スマトラサイは口が小さいため、幹をひねって皮をはがすことで食べやすくしているとか。

アフリカのサバンナに生きるクロサイやシロサイと違い、熱帯林に生息するアジアのサイは、姿を確認することさえ難しく、その生態はいまだ多くが謎に包まれています。

小さな口で器用に幹をねじって皮を食べる

WWFは、こういった地道な観察を重ね、食性などのデータをまとめることで、世界に残りわずか300頭といわれるスマトラサイの国際的な保護活動に寄与したいと考えています。

スマトラサイ

自然保護室 国内グループ所属
小林 俊介

WWFサンゴ礁保護研究センター・センター長。石垣島白保から、南西諸島の豊かな自然を守るためのプロジェクトを担当。

子供のころからの動物好きが高じて、東南アジアでの野生動物の研究に携わった後、WWFへ。森林関連の仕事に従事した後、石垣島白保の担当に。地域の声を大切にしながら、豊かな南西諸島の自然を守っていけるよう、微力ながら尽力します。

この記事をシェアする

人と自然が調和して
生きられる未来を目指して

WWFは世界約100か国で活動している
環境保全団体です。

PAGE TOP