エッフェル塔や東京タワーが消える?! 世界各地を繋ぐ消灯リレー! 「EARTH HOUR 2017」、3月25日開催


記者発表資料 2017年2月3日

  1. 「EARTH HOUR 2017(以下、アースアワー)」は、世界中の人びとが「地球環境を守りたい」という想いを胸に、同じ日・同じ時刻に電気を消して、消灯のバトンをつなぐソーシャルグッドプロジェクト
  2. 「アースアワー」のコンセプト「60+」にちなみ、60体のパンダが全国を旅する『#旅する60パンダ』を実施
  3. 「アースアワー」では、さまざまな関連イベントをEARTH HOUR WEEKS(3/4~3/25)として実施

昨年の様子

公益財団法人世界自然保護基金ジャパン(東京都港区 会長:德川恒孝以下、WWFジャパン)では、世界で2007年から開催されている世界各地を繋ぐ消灯リレー「アースアワー」を本年も開催いたします。日本では、「EARTH HOUR 2017~青い地球を、未来へつなぐ60分~」と題して、3月25日(土)に実施いたします。「アースアワー」は、世界中の人びとが同じ日・同じ時刻に消灯というアクションによって、温暖化防止と環境保全の意志を示すソーシャルグッドプロジェクトです。

SNS企画『#旅する60パンダ』の写真の例

「アースアワー」は、日付変更線のすぐ西側に位置する南太平洋諸国から始まり、順次現地時間の午後8時30分を迎えた地域で実施されます。時差によって、東から西へ地球をぐるりと1周する消灯リレーはまさに命のバトンを未来へ繋げることを表現しています。「アースアワー」では、本リリースを皮切りに、コンセプトの「60+」にちなみ、60体のパンダのぬいぐるみが人びとの想いをのせ日本全国を旅するSNS企画『#旅する60パンダ』を開始します。参加者がパンダと一緒に撮った写真とメッセージにハッシュタグをつけてSNSに投稿することで、地球環境を思う人びとの輪が日本中、そして世界へと広がってゆきます。  

3月25日(土)の「アースアワー」では、横浜市みなとみらい21地区のJR桜木町駅前広場イベントスペースを会場とし、WWF主催・横浜市共催イベント『EARTH HOUR 2017 in Yokohama』を開催します。「アースアワー」前の3/4~3/25の期間には、「EARTH HOUR WEEKS」として、伝統音楽コンサートや、動物園でのイベント・パネル展などさまざまな関連イベントを開催します。

「アースアワー」から「青い地球を、未来へつなぐ」という想いがより多くの方に広まり、日常の中で環境保全活動に参加していただくきっかけとなるよう、さまざまな情報を発信していきます。

「EARTH HOUR 2017」実施概要(2月3日現在)

主催 WWFジャパン
協賛 横浜市
協賛 株式会社エコリカ、日産自動車株式会社、「愛の泉」ソニーグループのチャリティ・プログラム、 一般社団法人横浜みなとみらい21
協力 カロラータ株式会社、キリン株式会社
後援 J-WAVE 81.3FM
特別協力(アースアワーサポーターズ) 一噌幸弘、さかなクン、ちばてつや、前田智子、横浜F・マリノス 他

EARTH HOUR 2017特設ページ

「EARTH HOUR(アースアワー)」とは

© Ondrej Vavricek

世界中の人々が、同日同時間に電気を消すアクションを通じて、「地球の環境を守りたい」という思いをわかちあう世界各地を繋ぐ消灯リレーで、2007年にWWFオーストラリアで始まりました。2016年は過去最多となる全世界で178の国と地域が「EARTH HOUR」へ参加しました。日本では2010年からWWFジャパンが主体となり、「EARTH HOUR」をより多くの人達が環境保全活動に参加していただく機会の創出と位置づけ毎年実施しています。

報道関係者からのお問合せ・ご取材のお申込み

WWFジャパン 担当:山本
Tel: 03-3769-1714 Email: press@wwf.or.jp

この記事をシェアする

人と自然が調和して
生きられる未来を目指して

WWFは世界約100か国で活動している
環境保全団体です。

PAGE TOP