APRIL社に対するWWFのポジション(仮訳)


声明 2010年12月5日

2010年4月、レインフォレスト・アライアンスのスマートウッドプログラム(Rainforest Alliance’s SmartWood Program、以下RA/SW)は、APRIL社の管理下にある180万ヘクタール以上の土地(2)のうち約35万ヘクタール(1)を管理するPT. Riau Andalan Pulp and Paper Forestry Division (Riaufiber)社の森林施業に対し、条件付で与えられていたFSCコントロールウッドの認証を一時停止した。この決定は、2009年のRA/SW監査(1)で指摘されたFSCコントロールウッドの要求事項をAPRIL社の操業が満たしていないこと、また2008年8月にAPRIL社とレインフォレスト・アライアンスが合意した条件が満たされていないことによる。合意した条件というのは、専門家による保護価値の高い森林(HCVF)の調査がされていない自然林は伐採しないこと、およびAPRIL社による保護価値の高い森林の境界設定が、ステークホルダーから反対されている自然林は伐採しないということである(3)。

WWFインドネシアは、地域のNGOネットワークのジカラハリ(Jikalahari)とワルヒ・リアウ(Walhi-Riau)とともに、アイズ・オン・ザ・フォレスト(Eyes on the Forest)プロジェクトを通じて、2005年からAPRIL社による操業を監視してきた。2010年7月と11月、アイズ・オン・ザ・フォレストは、調査レポートを発表し(4)(5)、APRIL社がいかにレインフォレスト・アライアンスとの合意(3)に背き、WWFへのコミットメントおよび2009年と2010年に出した企業活動において保護価値の高い森林を保護するという自社の公表(6)に違反しているかを詳述している。

このアイズ・オン・ザ・フォレストの報告書では、「10日以内に(・・・中略)泥炭林地域では、二次林や劣化した森林を含め全ての自然林の転換を中止する(7)」というレインフォレスト・アライアンスのAPRIL社に対する要求にも合致していないことが確認されている(4)(5)。レインフォレスト・アライアンスは、2010年4月6日付の書簡でAPRIL社に対し、90日以内に是正措置を取るよう求めた(8)。WWFの認識では、この期間の前後に、いかなる有効な是正措置も取られていない。これらの事実を踏まえ、WWFは、APRIL社は保護価値の高い森林を保護し、FSCコントロールウッドの認証を再び取得しようという真剣な意志がないと結論づけた。

これはスマトラの森にとっての残念なニュースである(9)。WWFは、何年にもわたりAPRIL社が紙・パルプ産業界でリーダーとなるべく働きかけと支援を行い、また同社が持続可能な開発を目指せるよう最善の管理手法を導入するよう活動を行ってきた。しかし、APRIL社の事業に根本的な変化はみられない。

スマートウッドの監査(1)(10)とアイズ・オン・ザ・フォレストの調査(4),(5),(11)は、APRIL社は自然林の大規模伐採によって原料を調達し、保護価値が高いかどうかの適切な調査を実施せずに泥炭地からの排水を行い、WWFや同社により特定された保護価値の高い森林の伐採していることを確認した。こうしてAPRIL社は、保護価値の高い森林と保全と気候変動の緩和に重要な炭素価値の高い地域を破壊し続けている。

APRIL社が執拗に自然林の大規模伐採(9)を続けることは、最近のインドネシア政府のコミットメントに真っ向から反するものである。インドネシアのユドヨノ大統領は、温室効果ガスを、対策を何も行わなかった場合と比較して26%または41%削減(12)することを約束している。国家開発企画庁(National Development Planning Agency: BAPPENAS)が委託した最近の暫定分析では、泥炭地の使用によるGDPへの貢献は、おそらくGDPの1%に満たないが、排出量では50%にもなるという結論を出した(13)。APRIL社は、自然林と泥炭地の転換を中止することで排出量を削減し、インドネシア大統領の約束を支援するという決断も可能だった。インドネシアの林業大臣は、2010年5月11日以降、カンパール(Kampar)、ケルムタン(Kerumutan)半島などの泥炭地でのいかなる自然林の転換も許可しないことを公約した。これらは、APRIL社が依然として自然林の大規模伐採と泥炭地からの排水を続ける地域である(4)(5)。

WWFは、APRIL社に対し保護価値の高い森林と炭素蓄積量の多い地域の転換に由来する原料の生産ないし外部からの購入を中止し、APRILグループの世界的な事業の全てにわたり、泥炭林と泥炭地からの排水と伐採を停止することを求める。これは、トラやゾウの生息地などを含め、これ以上の生物多様性の破壊と大量の温室効果ガスの排出を引き起こすことを止めるためである。

WWFは、APRIL社に対しウェブサイトや他のいっさいの公表物から、WWFと協力した保全活動が継続しているとの記述を即刻削除するよう求めている。

WWFインドネシアは、業界をリードするためにより良い手法の導入に前向きなインドネシアのパルプ・紙生産者と共に活動を行う意志がある。しかしAPRIL社は、増大する環境面で責任のある製品への需要に応じる機会を逃し、代わりに貴重な熱帯林の伐採を続けることを選択した。

APRIL社が方針を転換し、森林の現場における責任と持続可能性を示すまで、WWFは既存の、そして将来取引の可能性のあるバイヤー、投資家に対し、自然林の破壊への加担というリスクを避けたいのであれば、APRIL社とのビジネスには慎重になることを推奨する。

>>> 関連記事

 

References:

(1). Forest Stewardship Council Certificate FSC certificate holder listing Code SW-CW/FM-003712 FSC License Code: FSC-C009657. PT. Riau Andalan Pulp and Paper Forestry Division (Riaufiber).

Rainforest Alliance SmartWood Program (26 May 2010) Forest Management Controlled Wood Surveillance Audit 2009 Report for: PT. Riau Andalan Pulp and Paper Forestry Division (Riaufiber) in Pangkalan Kerinci, Riau Province, Indonesia

(2). There are at least 1.4 million hectares of concessions associated with APRIL in Sumatra alone, according to Riau Forestry Service (2006), Ministry of Forestry (2005) and Eyes on the Forest analysis. In addition, APRIL has concessions in Kalimantan: ITCI Hutani Manungal (161,127 hectares) and Adindo Hutani Lestari (201,821 ha) according to

(3). Rainforest Alliance SmartWood Program letter to APRIL, dated 15 August 2008. Available from Rainforest Alliance upon request, please contact Richard Z. Donovan, Vice President of Forestry at:
rdonovan@ra.org

(4). Eyes on the Forest (8 July 2010) May 2010 Investigative Report Business as Usual in Riau, Sumatra: Pulp Industry Continues Clearance of Natural Forest. Eyes on the Forest (8 July 2010) Press Release Business as Usual in Riau, Sumatra: Pulp Industry Undermines Indonesian President’s Historic Commitment to Dramatic GHG Emissions Reductions. Available for download from:

(5). Eyes on the Forest (November 2010) Eyes on the Forest calls on SMG/APP and APRIL to keep their promises: Stop conversion of natural forest and drainage of peat and produce pulp, stop violation of the country’s climate commitments.

(6). APRIL Fact Sheet (November 2007) Protecting High Conservation Value Forests (HCVF) (http://www.aprilasia.com/images/stories/hcvf.pdf) writes: “From 2005, APRIL has publicly adopted a High Conservation Value Forests (HCVF) commitment through its Environmental, Social, Health and Safety (ESHS) Policy and Code of Best Practice (CoBP). […] APRIL conducts HCV assessment using the Indonesian HCVF Toolkit, developed by Rainforest Alliance and ProForest in 2003, and based on the 1999 Forest Stewardship Council (FSC) concept. The HCV assessments are then peer-reviewed by internationally recognized institutions such as ProForest UK and WWF Indonesia which also conduct their separate HCV assessment within the concessions of APRIL or its partners.”

(7). RA/SW requested “APRIL must, within 10 days from the date of this letter including secondary or degraded forest in peat forest areas, and demonstrate to RA/SW auditors that this commitment is being met, based on field observations and interactions with other stakeholders” to re-initiate Controlled Wood and HCVF auditing activities. The deadline was 16 April. For further information, please contact Richard Z. Donovan, Vice President of Forestry At:
rdonovan@ra.org

(8). RA/SW requested “APRIL demonstrates that is has met the 10 Major CARs included in our most recent auditing report and within 90 days from the date of this letter” to re-initiate Controlled Wood and HCVF auditing activities. The deadline was 4 July. For further information, please contact Richard Z. Donovan, Vice President of Forestry At:
rdonovan@ra.org

(9). WWF-Indonesia (2010) Sumatra’s Forests, their Wildlife and the Climate. Windows in Time: 1985, 1990, 2000 and 2009. A quantitative assessment of some of Sumatra’s natural resources submitted as technical report by invitation to the National Forestry Council (DKN) and to the National Development Planning Agency (BAPPENAS) of Indonesia.

(10). Rainforest Alliance(15 April 2010). Whom it may concern. Please contact Richard Z. Donovan, Vice President of Forestry:rdonovan@ra.org

(11). Look at other reports and news published at Eyes on the Forest website.

(12). Office of the Prime Minister, Norway (26 May 2010) Norway and Indonesia in partnership to reduce emissions from deforestation.

Letter of Intent between the Government of the Kingdom of Norway and the Government of the Republic of Indonesia on “Cooperation on reducing greenhouse gas emissions from deforestation and forest degradation.”

(13). BAPPENAS, Republic of Indonesia (December 2009) Reducing carbon emissions from Indonesia’s peat lands. Interim Report of a Multi-Disciplinary Study. Presented at Wetlands International Side Event, 11 December 2009, COP 15, Copenhagen, Denmark.

この記事をシェアする

人と自然が調和して
生きられる未来を目指して

WWFは世界約100か国で活動している
環境保全団体です。

PAGE TOP