「石垣島サンゴレンジャー」の受け入れを実施


2012年10月13日~14日、沖縄県の石垣島白保にあるWWFサンゴ礁保護研究センター「しらほサンゴ村」では、住友生命保険相互会社のヒューマニー活動「石垣島サンゴレンジャー」の受け入れを行ないました。

支援企業の職員が、活動の現場を訪問

住友生命からは、2008年より「しらほサンゴ村」が進めている「地域住民主体のサンゴ礁保全と資源管理に向けた持続可能な地域づくりプロジェクト」をご支援いただいています。現在は、取り組みの3本柱である「人づくり」「組織づくり」「産業づくり」が良い方向に進捗し、次のステップとして、地域住民を主体とする新たなNPO法人の立ち上げを準備し、自立可能な収益基盤を確立するためのエコツーリズムの推進や地域物産の開発・販路開拓のフェーズに入っています。

今回実施された「石垣島サンゴレンジャー」は、住友生命のヒューマニー活動20周年企画の一環として開催されたもので、全国から集まった21名の同社職員および家族と、住友生命沖縄支社八重山支部の皆さんが参加。白保でのサンゴ礁保全のボランティア活動に取り組みました。

また、現地でのプロジェクトをご支援いただいている住友生命の皆さんに、その成果を見て、体験いただくため、共に活動に取り組んでいる白保集落の方々にもご参加いただいての開催となりました。

「しらほさんご村」にてレクチャー

石垣島サンゴレンジャーのみなさんと
WWFしらほサンゴ村スタッフ

この記事をシェアする

人と自然が調和して
生きられる未来を目指して

WWFは世界約100か国で活動している
環境保全団体です。

PAGE TOP