パリに到着!いよいよCOP21が始まります


COP会場に入るためのバッジを取りに会場へ

30日から始まる国連の気候変動会議「COP21」に参加するため、パリにやってきました。

今回の会議は、世界の温暖化防止のための新しい目標に合意することをめざす、非常に大事な会議です。

フランスの市民の関心も高く、会議の期間中、パリだけでなく、フランス各地でイベントやパレードなどが、たくさんの人たちにより企画されていました。

しかし、テロ事件によってその多くは残念ながら中止となりました。このCOP21に思いをかけ、準備を重ねてきた人たちの気持ちを思うと、本当に胸が痛みます。

こうした国際会議があると、多くの人たちが開催地に集まりますが、交渉が行われる会議場の中にまで入ることができるのは、政府代表団と国連の下に登録がある団体のみです。

今回パリに集まった私たちWWFのスタッフは約60名ですが、そのうちの半分くらいが、実際に会場の中に入ることができます。中に入るメンバーは、実際に会議の行方を直に見、各国の代表団の方々と言葉を交わすことができます。

そうした機会をいただく身として、今回、辛い思いをされたフランスの人たち、そしてCOP21の成功を心から願うたくさんの人たちの想いを、出来る限り形にしてゆけるように。各国の仲間たちと一緒に私も頑張りたいと思います。

なお、会議が始まりましたら、こちらパリからは毎日、動画などを通じて、皆さんに会議の様子などをお伝えしてゆきたいと思います。

地球の未来を決めるといっても過言ではない、このCOP21。ぜひ、注目していただければと思います。(温暖化担当 山岸)

駅で見つけた鉄道会社の環境への取り組みと、会場最寄り駅についての案内

welcome COP21、の文字が目を引きます。

関連情報

関連動画「3分でわかる!COP21」

COP21では、どんなことが注目されているの? という方は、ぜひこちらの動画をご覧ください!

この記事をシェアする

自然保護室 気候変動・エネルギーグループ所属
山岸 尚之

国連交渉や国内の気候・エネルギー政策でのアドボカシー(提言)活動を担当。

京都議定書が採択されたときに、当地で学生だったことがきっかけでこの分野に関心をもち、大学院を経てWWFに。以来、気候変動(地球温暖化)という地球規模の問題の中で、NGOがどんな役割を果たせるのか、試行錯誤を重ねています。WWFの国際チームの中でやる仕事は、大変ですがやりがいを感じています。

人と自然が調和して
生きられる未来を目指して

WWFは世界約100か国で活動している
環境保全団体です。

PAGE TOP