タンカー事故と渡り鳥と電気の話


先日、東京湾で船舶が衝突し、タンカーが沈没するという事故がありました。幸い死傷者は無かったとのことでしたが、ドキリとさせられるニュースでした。

というのも、この種の船舶事故、特にタンカーの事故は、積んでいる油の流出を引き起こし、海の生態系に悪影響を及ぼすことが多々あるからです。

特に今は冬。
夏の間をシベリアなどで過ごしたカモやカモメなど渡り鳥たちが、東京湾にも数多く渡ってきます。

こうした水鳥は、身体に油が付くと羽毛の保温性が失われ、また油を飲み込むと内臓疾患を起こし、弱ったり死んでしまうことがあります。

世界ではいくつも例がありますが、大規模な流出事故では、何千、何万という水鳥や野生生物が犠牲になる例も珍しくありません。

報道によれば、今度の事故では、タンカーも大型ではなく、油の流出も洋上の限られた範囲にとどまったということですが、規模が小さければ被害が少ないとは限りません。

多摩川の河口のような、鳥が集まりやすい浅い水辺で事故が起きていたら、また違ったことになっていた可能性もあります。

ニュースでは自然への影響について言及しているものは、残念ながらありませんでしたが、こうした点についても、注意をしてゆきたいものです。

また、このような事故が起きると、日本での暮らしが、いかに多くの物資を海外に頼っているかも考えさせられます。

電気やガソリンなどの石油に頼ったエネルギーもそれは同じ。

今年の4月には、電力の自由化がスタートしますが、そうした機会を利用した選択も、渡り鳥をはじめ、さまざまな生きものたちに繋がっていることを、意識してゆかねばと思います。

C&M室 メディアグループ長 WEBチーム所属
三間 淳吉

デジタルメディア等々担当していますが、普通に本が好きです。

虫を追いかけ40年。鳥を追いかけ30年。生きものの魅力に触れたことがきっかけで、気が付けばこの20年は、環境問題を追いかけていました。自然を壊すのは人。守ろうとするのも人。生きものたちの生きざまに学びながら、謙虚な気持ちで自然保護や野生生物のことをお伝えしてゆきたいと思います。

人と自然が調和して
生きられる未来を目指して

WWFは世界約100か国で活動している
環境保全団体です。

PAGE TOP