[COP10関連] 久米島の自然と、島をあげての保全活動をアピール


自然保護室の安村です。
COP10の会議場に隣接した、生物多様性交流フェアの沖縄県ブースで、今日イベントが開かれ、久米島町の大田副町長が、島の豊かな自然とサンゴ礁を脅かす赤土問題の状況、そして、自然を守るための地域活動について、スピーチをしました。

久米島は多くの固有種や貴重な野生動植物が生息する、自然豊かな島。海には、発達したサンゴ礁が見られ、「日本の渚百選」にも選ばれたいくつもの美しい海浜が広がります。

また、イベントでは、WWFが代表をつとめる「久米島応援プロジェクト」が映像制作で協力した、久米島沖のサンゴの大群集の水中映像も放映されました。これは、今年5月にメディアで広く報道されて以来、全国的にも話題になったサンゴの映像です。

大田副町長は、「久米島は、生物多様性の観点からも貴重な島であり、たくさんの宝があることは、島に住む我々にとっての誇りです」と述べる一方、それを保全することの重要さと、自らの責任についても語り、「地元での保全意識を、さらに向上させたい」とスピーチをしめくくられました。

イベントとしては、小さな規模でしたが、久米島の副町長がCOP10が開かれている名古屋に自ら足を運び、久米島のすばらしさを伝えたことは、島の人たちの保全に向けた心意気を示すものです。

これからの久米島の生物多様性保全が、この名古屋を期にさらに進むことを期待したいと思います。

 

20101026i.jpg

企画管理室長
安村 茂樹

沖縄のサンゴ礁と森、中国・韓国の干潟の保全に従事。国際会議でサイドイベント主催やロビー活動をする機会をいただきました。国際、環境、NGO-この3ワードが合わさるWWFで、何をすべきか考え、その仕事の醍醐味を実感し、行動する。そんな機会を一人でも多くのスタッフに提供したいです。毎日、自転車で通勤し、休みは、川でカヌー漕いでいます。

この記事をシェアする

人と自然が調和して
生きられる未来を目指して

WWFは世界約100か国で活動している
環境保全団体です。

PAGE TOP