ゆく年、トラ年


Web担当の三間です。
寒くなりました。2010年も、はや暮れようとしております。

今年は、12年に一度やってくる寅の年でした。
まあ、四六時中、何かにひっかけて、環境保全をアピールしよう!などとあれこれアイデアをひねっている我々にとっては、この年は実にありがたい?一年であったと思います。

何と言っても「トラ」ですから、そのままトラの保護活動をアピールできる!「来年も寅年だったらいいのに…」などという名言(迷言?)も、局内からは飛び出したほど。

そこで、ふと12年前を思い出し、古い資料を見てみたら、やはりその時にも、同じような触れ込みで、トラの保護をアピールしていたWWF。さらにその前!となる1986年も、同様でした。

そして、常に同じだったメッセージも「次の寅年までに、トラが絶滅するようなことが無いように!」。
ああ、センパイたちも同じ事を考えていたんだなあ、と。

次の寅年、つまり2022年までに、トラサミットで世界は「寅の数を倍にしよう!」という約束を交わしました。12年後、恥ずかしい思いをしないように、私たちもがんばってゆきたいと思います!

20101206c.jpg

1986年のジュニア会員向けニュースレター『パンダニュース』。裏面はインドのトラの保護区をたどるすごろくになっていました。密猟をかいくぐって、ゴールにたどり着けるか?という内容

自然保護室 次長
三間 淳吉

森、海、気候、野生生物、さまざまな活動をサポートしています。

虫を追いかけ40年。鳥を追いかけ30年。生きものの魅力に触れたことがきっかけで、気が付けばこの20年は、環境問題を追いかけていました。自然を壊すのは人。守ろうとするのも人。生きものたちの生きざまに学びながら、謙虚な気持ちで自然を未来に引き継いでいきたいと思っています。

この記事をシェアする

人と自然が調和して
生きられる未来を目指して

WWFは世界約100か国で活動している
環境保全団体です。

PAGE TOP