ハトたちの飛ぶ空をもう一度!


ニュージーランドから面白い話題が入ってきました。
先週から今週末にかけて、ニュージーランドの全国で「ハトを数えよう!」という調査イベントが行なわれている、というのです。

「Great Kererū Count(GKC)」という名のこのイベントで、調査の対象となるのは、ニュージーランドバトという、同国固有の大型のハト。

マオリ族の言葉で「Kererū(ケレル)」と呼ばれ、世界に367種が生息するハト類中、ニュージーランドの南北本島に生息する、唯一の野生のハトとしても知られています。

このハトは、主食である森の木の実の種をフンと共に排出して、その発芽を助けるため、「空の庭師」とも呼ばれるとのこと。

そのため今年、ウェリントン市では、市議会が寄付した500種にのぼる在来種の実のなる植物を、市民が手ずから植えてハトたちにプレゼントしたそうです。

GreatKererūCount(GKC)のウェブサイト(https://www.greatkererucount.nz/)

そんな人々にも愛され、豊かな森の自然のシンボルともされているこのハトを、全国で!学校で、町中で、公園で、見つけて数えて情報を集めよう!というのが今回のイベント。

集められた情報は、地域ごとの個体数の調査に供され、生息地として重要な森の保全に役立てられるそうです。

ニュージーランドバトは今のところ、絶滅の危機にあるわけではありませんが、かつてはどこでも見ることのできた100羽以上の群が飛ぶ姿は、今では見られなくなってしまいました。

同ウェブサイトより。昨年はこのイベントで約1万2,000羽のハトがカウントされました。

そうした中で始まったのが、WWFニュージーランドやビクトリア大学、ウェリントン市議会などが手掛けるこのイベントです。

「たくさんのハトの飛ぶ空をもう一度取り戻そう!」という、気持ちに支えられたこの催しが大成功し、ハトとニュージーランドの森の未来を継いでくれることを願っています。(広報担当 三間)

関連情報

WWFニュージーランドも取り組みをリードしています。

自然保護室 次長
三間 淳吉

森、海、気候、野生生物、さまざまな活動をサポートしています。

虫を追いかけ40年。鳥を追いかけ30年。生きものの魅力に触れたことがきっかけで、気が付けばこの20年は、環境問題を追いかけていました。自然を壊すのは人。守ろうとするのも人。生きものたちの生きざまに学びながら、謙虚な気持ちで自然を未来に引き継いでいきたいと思っています。

この記事をシェアする

人と自然が調和して
生きられる未来を目指して

WWFは世界約100か国で活動している
環境保全団体です。

PAGE TOP