自宅で経産省の会議をウォッチしよう!


まいどまいど、広報担当の新井です。
26日、経産省の審議会「総合資源エネルギー調査会・基本問題委員会」の第2回会合が開催されました。現在、政府はエネルギー政策を見直す作業を進めていて、複数の場で議論や検討がなされています。

その一つが、この基本問題委員会です。エネルギー政策を位置づける「エネルギー基本計画」を白紙から見直すため、26人の委員が意見を出し合います。先日の会合は、ISEPの飯田さん、全国消費者団体連絡会の阿南さんなど、5人の委員によるプレゼンと質疑があったそうです。

実は私、傍聴を申し込んだのですが、抽選で外れました。
でも大丈夫です。インターネット中継が行なわれ、録画も公開されていますので、私のように、傍聴を申し込んで外れた方も、お住まいが遠方であったり、時間的に難しいという方も、インターネットを使える環境があれば、会議の様子を観ることができるのです。ぜひ、みなさんもご覧ください!

私はこの週末に、ゆっくり観ようと思っています。私たち全員に関わるエネルギー政策が決まっていく過程を垣間見ることができます。そして考えましょう、目指すべきはどんなネルギー社会か。

20111028k.jpg

この記事をシェアする

C&M室 メディアグループ所属
新井 秀子

WWFの活動情報を主に報道関係者向けに発信しています。

地球環境問題に取組む研究者になろうと決意して、民間企業を辞めて大学院に。在学中に霞ヶ浦流域河川の市民調査に携わり、市民活動の意義を体得。水質調査に行ったフィリピンで褐色の山々に衝撃を受け、何とかしたいと、研究者の道よりWWFを選択。あきらめずに一歩ずつ進んでいます。

人と自然が調和して
生きられる未来を目指して

WWFは世界約100か国で活動している
環境保全団体です。

PAGE TOP