「ホットエア」のバブルを消そう!


COP18の開催地、カタールのドーハより、温暖化担当の小西です。

先日、会議場の入口で参加者が皆「ホットエア・クレジット」と書かれた紙を渡されました。歩みを進めて会場に近づき、促されるままその紙をごみ箱に入れると、大きな声で歓迎されます。ロシアや東欧諸国の「ホットエア」を捨てさせよう、というパフォーマンスです。

京都議定書の第1約束期間の基準年の1990年前後、経済が停滞していたロシアや東欧諸国は、CO2などの実際の排出量が、京都議定書で割り当てられた排出割当量を下回る事態が生じました。

この差分が、「ホットエア(余剰割当排出量)」と呼ばれるものです。
困るのは、他の多く温室効果ガス排出している他の国がこれを買い取ると、その国はその分だけ排出を削減しなくてよい、というルールになっていることです。

試算によれば、ホットエアの総量は世界全体でおよそ130億トン。日本の年間排出量のおよそ10年分に相当します。

これが、第2約束期間や2020年以降に繰り越され、引き続き売買されることになったら!2013年以降の各国による温室効果ガスの削減努力の多くが、打ち消されてしまう可能性があります。

そのため、世界のNGOは今、ドーハでホットエアを帳消しにするか、利用の制限を求める活動を展開しています。

上のパフォーマンスを実施したのは、世界の700以上の環境団体がつくるCAN(気候行動ネットワーク)インターナショナル。WWFも3日、グリーンピースと共同で記者会見を行ない、ホットエア問題の重要性を訴えました。

ホットエアを帳消しすれば、締約国は実質的なCO2の削減に向け、進むことになるでしょう。第2約束期間の開始まで、残された時間はわずかしかありません。COP18会議は、こうした抜け穴を塞ぐことも期待されています。

20121206cop18a.jpg

参加者に配られたホットエアのクレジット

20121206cop18b.jpg

ごみ箱に入れてもらいます

20121206cop18c.jpg

CANインターナショナルが朝に次いで昼も実施した「ホットエア・バブルを消そう」というアクション。1GT(10億トン)と書かれた13個の風船を、各国NGOの代表が破ってゆきます。風船がひとつ破られるたびに大きな歓声が上がりました。

この記事をシェアする

WWFジャパン  専門ディレクター(環境・エネルギー)
小西 雅子

博士(公共政策学・法政大)。米ハーバード大修士課程修了。気象予報士。昭和女子大学特命教授兼務。
中部日本放送アナウンサーなどを経て、2005年に国際NGOのWWFジャパンへ。専門は国連における気候変動国際交渉及び環境・エネルギー政策。2002年国際気象フェスティバル「気象キャスターグランプリ」受賞。東京オリンピック・パラリンピック大会組織委員会持続可能性委員会委員、環境省中央環境審議会委員なども務めている。著書「地球温暖化は解決できるのか~パリ協定から未来へ!~」(岩波ジュニア新書2016)など多数。

世界197か国が温暖化対策を実施する!と決意して2015年に国連で合意された「パリ協定」の成立には感動しました!今や温暖化対策の担い手は各国政府だけではなく、企業や自治体・投資家・それに市民です。「変わる世の中」を応援することが好きな小西です♪

人と自然が調和して
生きられる未来を目指して

WWFは世界約100か国で活動している
環境保全団体です。

PAGE TOP