COP18終了目前 資金問題で交渉の前進を!


「この温暖化した世界で/気候を救うために/わずかなお金があれば/私は何でもできるのに」

カタール・ドーハのCOP18の会場に、なつかしいメロディーが響き渡りました。

70~80年代に、世界を魅了したスウェーデンのロック・グループ、ABBAの代表作「マネー、マネー、マネー」。WWFのスタッフは、その替え歌をつくり、歌と踊りで資金問題の解決を訴えたのです。

温暖化の影響を強く受ける多くの途上国では、温暖化に「適応」すると同時に、低炭素社会への移行を図らなければなりません。そのためには巨額の資金が必要です。

これについて先進国は、2020年からの長期資金として毎年1000億ドル単位で必要となることを認識しましたが、2013年~2020年までの資金は何も約束されていません。途上国側は2020年ごろに1000億ドル単位で拠出されるためには、2013年から2020年まで には毎年拠出金額がアップされていくべきだとしています。

でも6日の段階で、具体的な拠出金額を発表した国はイギリス、ドイツ、デンマークなどヨーロッパの一部の国々のみ。先進国と途上国の対立が続いています。

この対立を解き、資金問題の重要性を訴える活動が、会議終盤を迎えた会場で展開されています。

WWFを含む6つの国際環境NGOも、COP18の決裂を回避するよう求める緊急記者会見を行ない、あらためて資金問題の解決を訴えました。

今年も世界では異常気象が頻発しました。COP18の会議中にも、台風24号がフィリピンを直撃。多くの人命を奪い、今なお約20万人が不安に脅えながら避難しています。

COP18の終了予定は、本日7日。先進国と途上国が信頼を構築し、停滞する交渉を前進させるためにも、日本を含む先進国が資金問題で前進を図るべきです。(温暖化担当・小西)

 

20121207co01.jpg

歌と踊りで資金問題の解決を訴えるWWFのスタッフたち

20121207co02.jpg

6日、「資金は未来だ」と訴えるユースの若者たちが繰り広げた無言のパフォーマンス。床に横たわり、先進国が資金を拠出しなければ、途上国の貧困層は甚大な被害を受けると訴えています。

20121207co03.jpg

「先進国は銀行の救済に12兆ドル費やしたのに、温暖化防止にはお金を出さない」というアピール

自然保護室所属 気候変動・エネルギーグループ所属
小西 雅子

国連交渉や国内政策提言に従事。近年は気象予報士として予測できる電源である再生可能エネルギーの拡大に強い関心。

世界197か国が温暖化対策を実施する!と決意して2015年に国連で合意された「パリ協定」の成立には感動しました!今や温暖化対策の担い手は各国政府だけではなく、企業や自治体・投資家・それに市民です。「変わる世の中」を応援することが好きな小西です♪

この記事をシェアする

人と自然が調和して
生きられる未来を目指して

WWFは世界約100か国で活動している
環境保全団体です。

PAGE TOP