地面の上を走り回るワシと金色のカエル


会報『WWF』の最新号が仕上がり間近です。

前号の『レッドリストの動物たち』のコーナーでは、猛禽類(ワシやタカの仲間)なのに、あまり空を飛ばず、地面を走り回るのがスキ?という、変りモノの鳥、ヘビクイワシを紹介したのですが、今回は珍しくカエルの登場となりました。

ヘビクイワシについては前号の会報の中でも触れましたが、この鳥が『レッドリスト』に危機種として記載されたのは2011年。ごく最近のことです。

私はそのことをついぞ知らず、それなりに数も多く、絶滅とは無縁の鳥だろう、と思っていたので、ちょっとショックを受けました。

今回の号でご紹介するカエルは、マダガスカルの熱帯の森に生息する、キンイロマダガスカルガエルという派手な色のカエルです。これは、数がそれなりにいるらしい。

でも、それはきわめて限られた、狭い場所に集中しているだけで、その地域の森がもし失われたりすれば、あっという間に絶滅... ということにもなりかねない、危機レベルのきわめて高い種です。

アフリカに広く生息するヘビクイワシと、マダガスカルのわずかな森に生きるキンイロマダガスカルガエル。ともに置かれた絶滅の危機という状況の中にも、いろいろな違いがあることに気づかされます。

今、こうした野生の生きものたちの身に起きている現実は、自然の劣化や環境の変化のシグナルでもあります。

そのシグナルはじつにさまざまですが、大切な意味を持つものです。見落とさないようにしてゆかねば、と、気持ちを新たにした号でした。

会報『WWF』の最新号は、来週末ごろに会員の皆さまのお手元に届く予定です。ぜひご覧になってみてください。(広報担当:三間)

 

 

★会報の見本誌差し上げます!
WWFへの入会資料をご請求いただいた方には会報『WWF』のサンプルをお送りしています。お申し込みはこちらから。

 

 

この記事をシェアする

自然保護室 次長
三間 淳吉

デジタルメディア等々担当していますが、普通に本が好きです。

虫を追いかけ40年。鳥を追いかけ30年。生きものの魅力に触れたことがきっかけで、気が付けばこの20年は、環境問題を追いかけていました。自然を壊すのは人。守ろうとするのも人。生きものたちの生きざまに学びながら、謙虚な気持ちで自然保護や野生生物のことをお伝えしてゆきたいと思います。

人と自然が調和して
生きられる未来を目指して

WWFは世界約100か国で活動している
環境保全団体です。

PAGE TOP