よみがえれ、サイガ!


カザフスタンのサイガが増えた!という記事が先月、ナショナルジオグラフィックのDaily Newsで紹介されていました。

サイガというのは、カザフスタンやモンゴルなどのステップ(乾燥した草原)などに、群で生息しているウシ科の動物です(ちなみにサイとは全く関係ありません)。

鼻の部分が妙に膨らんだ、面白い顔が特徴ですが、これは吸い込む空気を暖め、ホコリなどを除去するための器官とのこと。
冬には氷点下十数度にもなる中央アジアの平原で、何万年も生き続けてきた野生動物ならではの顔?です。

このサイガ、1990年代の初め頃までは数十万頭が生息していたといわれます。それが、漢方薬の原料になる角を狙った乱獲により、絶滅が心配されるほどまでに激減しました。(角をもつオスの写真がないのが残念ですが・・・)

特に、カザフスタンを含む中央アジアの旧ソ連地域では、ソ連崩壊後、社会や経済の混乱のあおりを受けて、密猟が横行したようです。

結果、サイガはIUCN(国際自然保護連合)の『レッドリスト』で絶滅寸前のランクである「CR(近絶滅種)」にランクされるほどの危機に追い込まれました。

しかしその後、サイガの生息国では、研究者や政府関係者、自然保護団体のメンバーらによる懸命な保護活動が行なわれ、その数を回復。近年は増加の傾向が顕著になっているとのことです。

カザフスタンと並ぶサイガの重要な生息地が残るモンゴルでは、WWFもその調査や保護に携わってきました。

密猟のみならず、生息環境の消失や異常気象など、問題はまだ多く残されていますが、必ずよみがえってくる自然の力を信じて、取り組みの結果に注目したいと思います。がんばれ、サイガ!(広報担当:三間)

自然保護室 次長
三間 淳吉

森、海、気候、野生生物、さまざまな活動をサポートしています。

虫を追いかけ40年。鳥を追いかけ30年。生きものの魅力に触れたことがきっかけで、気が付けばこの20年は、環境問題を追いかけていました。自然を壊すのは人。守ろうとするのも人。生きものたちの生きざまに学びながら、謙虚な気持ちで自然を未来に引き継いでいきたいと思っています。

この記事をシェアする

人と自然が調和して
生きられる未来を目指して

WWFは世界約100か国で活動している
環境保全団体です。

PAGE TOP