渡り鳥たちを「見続ける」ことの大切さ


自然保護室の安村です。
先週、「渡り鳥の冬支度に異変が生じている」、というニュースが朝のNHKの番組で放送されていました。

気候変動の影響で、本来はアフリカで越冬するヘラサギがヨーロッパでも越冬するようになっている、という内容です。

調査で観察される鳥の種数も減少しており、こうした変化を心配する、フランス北部の保護区担当者のコメントも紹介されていました。

東アジアのみに生息するクロツラヘラサギ。最大で2,700羽と推定される。夏は黄海沿岸で繁殖し、秋から冬にかけて日本にも飛来し越冬します。

季節になるとやってくる渡り鳥をはじめ、身の回りの自然の変化は、よほどに気を付けていないと見落としてしまいがちです。

たとえば、「今年はツバメが少ないな?」と思っても、なかなか実際は確かめる術がありません。

そんな時に大事になってくるのが、モニタリングと呼ばれる定期的な調査です。

毎年、決まった場所で、決まった時期に、同じ調査を何十年も継続することで、データを集め、その変化を捉えるのです。

日本でもこうした調査が長い間行なわれてきました。1973年に始まり、WWFジャパンなどの民間団体も運営に関わってきた、シギ・チドリ類の全国調査です。

現在は、環境省の「モニタリングサイト1000」事業の一環として継続されており、今年も9月中旬に、全国100カ所以上の渡り鳥の飛来地で一斉調査が行なわれました。

ここで得られる渡り鳥の種数や個体数、飛来地の変化の情報は、自然環境の健全度、豊かさを知る指標となり、その保全策を立てる上での一番の基礎となります。

私も同行した沖縄県石垣市の「白保-宮良」海岸での調査。気温30度を越える中、地道で集中力を要する調査、お疲れ様でした!

また、こうした取り組みは、全国の多くの人たちが関わることで支えられている、大事な保護活動ともいえるでしょう。

そんな人たちが一堂に会する交流会も、毎年開催されています。今年は石川県金沢市にて10月24日に開催の予定。

ご関心をお持ちの方は、ぜひご参加ください!

【イベントのお知らせ】

【関連サイト】

地球規模の旅をするシギ・チドリなどの渡り鳥は、干潟やツンドラなど、さまざまな湿地生態系の上位にある野生生物です。

【関連情報】

この記事をシェアする

企画管理室長
安村 茂樹

沖縄のサンゴ礁と森、中国・韓国の干潟の保全に従事。国際会議でサイドイベント主催やロビー活動をする機会をいただきました。国際、環境、NGO-この3ワードが合わさるWWFで、何をすべきか考え、その仕事の醍醐味を実感し、行動する。そんな機会を一人でも多くのスタッフに提供したいです。毎日、自転車で通勤し、休みは、川でカヌー漕いでいます。

人と自然が調和して
生きられる未来を目指して

WWFは世界約100か国で活動している
環境保全団体です。

PAGE TOP