アースアワー2016の「ドレスコードはブルー」! #DressCodeTheBlue


こんにちは、広報室の松岡です。
3月19日(土)に行なわれるWWFが毎年世界各国で実施している環境イベント 「アースアワー」まで、あと25日となりました!

今年はテーマである『青い地球を、未来へつなぐ60分』にちなみ、ドレスコードを「青」(#DressCodeTheBlue)に決定。

ご参加いただく皆さまにも、何か「青」いものを身に着けていただき、 その色でみんなが一つになれるよう、輪を広げていきます。

そんなメッセージを伝えて下さるまず最初の方は、トレードマークの「青」いお帽子を身に着けた アースアワーサポーターズのさかなクン。

「おさかなから学ばせていただいたこと、おさかな目線からお伝えできることを、どんどん情報発信をさせていきたいでギョざいます!」という意気込みと共に、アースアワーへの応援メッセージをいただきました!

ご自身が海や川、湖に行かれる時、「こんなステキなおさかなちゃんがいる素晴らしい海がある~、ギョギョギョ、これは守らなければだめだぞ~!守るのはもちろん、壊してはいけないぞ!」と使命感を感じられるとか。

普段の生活で地球環境のためにできることとして、ギョ感(五感)で自然の素晴らしさを体感することをお話してくれたさかなクンの、地球への愛がギュッと(ギョっと?)詰まったメッセージです。

今わたしたちにできること。環境と自分の関係を見直す機会としても、ぜひ活かしてほしい今年のアースアワー。

準備の慌ただしさやワクワク感に比例して、私の服も青色率も高まってきています。

皆さまもぜひ、青い服や小物と写真を撮り、アースアワーへの想いやメッセージにハッシュタグ(#DressCodeTheBlue #EarthHour #ChangeClimateChange #WWF Japan)をつけて発信してください。

さかなクンとギョ一緒に、今年のアースアワーを盛り上げていきましょう!

さかなクンが描いてくださった素晴らしいイラスト!(クリックすると拡大します)

「ドレスコードはブルー」です!

特設サイトはこちら!

この記事をシェアする

遺贈相談担当 ドナーアドバイザー
松岡 永里子

学士(国際教養学)。広報代理店、海外WWFのウミガメ保全現場アシスタントを経て、2016年にWWFジャパンの広報メディア担当として入局。2018年より新設の遺贈担当に転向。
動物が好きで、もともとWWF個人会員でした。終活もまずは実践!と28歳で初めて自分の遺言書を作成、何度か書き換えの上、法務局に保管しています。おひとり、おひとりのお気持ちやご事情を伺い、同じ目線に立って相談をお受けしています。初めてでも、大丈夫です!先ずは雑談からでも、安心してご相談ください。

遺言書によるご逝去後の寄付「遺贈(いぞう)」のご相談や手続きを専任で担当。
大切なご支援者様の希望が実現できるよう、そしてご親族が悲しい想いをされないよう、全力でサポートします!不動産の寄付、終活全般もお気軽にご相談ください。

人と自然が調和して
生きられる未来を目指して

WWFは100カ国以上で活動している
環境保全団体です。

PAGE TOP