EARTH HOUR 2018 世界中の人々と、青い地球を想う願いをひとつに


スタッフブログでも何度もご紹介をしている世界各地を午後8時30分から9時30分までの1時間の消灯リレーでつなぐEARTH HOURがいよいよ明日となりました!

全世界で実施をされるこのEARTH HOURの消灯リレーは、日付変更線に近い南太平洋諸国から始まり、現地時間の20時30分を迎えた地域から順次消灯を行います。つまり、時差の関係から東から順に消灯リレーが地球をぐるりと1周します。

今年は世界180以上の国と地域で、ビッグベン、エッフェル塔、クレムリン、台北101など世界的にも有名な著名な施設の消灯含め、7,000以上の都市がEARTH HOURに参加します。

上:ビッグベン(英国)、下:ビクトリアハーバー(香港)の2017年消灯の様子。今年はサモアから消灯が開始され、最後はクック諸島でEARTH HOURの消灯リレーが終了する予定です。

日本ではEARTH HOURの日に合わせ、東京、横浜、広島でWWFジャパン主催イベントを開催します。それぞれの地域を代表するランドマークである東京スカイツリー®、コスモクロック21、原爆ドームがEARTH HOURの時刻に合わせて消灯をするほか、東京タワーや通天閣など全国1,000箇所以上で消灯が実施されます。(3月20日現在)

EARTH HOURは1時間の消灯という簡単なアクションで、どこでも、どなたでもご参加いただけます。みなさんはEARTH HOURの1時間どう過ごされるでしょうか?
ご自宅で電気を消してキャンドルのあたたかい灯りとともに過ごしたり、闇鍋(!)をしたり、そんな様子をSNSでシェアしたり、色々な過ごし方があると思います。

コスモクロック21、下:東京タワーの2017年消灯の様子。今年は東京駅、通天閣、レストランデニーズ全店など全国1,000カ所以上で一斉消灯を行います!

EARTH HOURをきっかけに「青い地球を、未来へつなぐ」というメッセージが多くの方に広まり、地球にとっても良いことがみなさんにとっても良いことになるような1時間になったら嬉しいです。

温暖化や森林破壊で追いつめられている生き物たちのために、そして未来を担う全ての子供達のために、ぜひEARTH HOURにご参加ください!(広報担当:山本)

20時30分になったらみなさんもおうちの電気をOFF!

特設サイト

関連情報

この記事をシェアする

WWFジャパン ブランド・コミュニケーション室 メディア グループ長
山本 亜沙美

大学時代の専攻していた海洋生物学をきっかけに、絶滅危惧種や環境保全活動に興味を持ち始める。2005年卒業後、米セントラルフロリダ大学院にて生物学を学び、2007年に卒業。卒業後、航空会社にて運行管理のオペレーション業務に携わった後、2010年にWWFジャパン自然保護室アシスタントとして入局。2013年より広報・プレス担当として、取材対応、記者発表などをはじめとしたメディアリレーション、イベント企画・運営などに携わる。2018年7月からメディアグループ長として、広報全般・WWFジャパンのブランドコミュニケーションを担当する。

海洋生物学が専門のリケジョな広報プレス担当です。人の心に響くものはいつの時代も変わらずですが、今は伝える手法が多様化しつつあります。情報のトレンドを追いかけ、常に一歩引いた視点で物事を見るように心がけています。休みがあればスクーバ&スキンダイビングをしにどこかの島に行っています♪

人と自然が調和して
生きられる未来を目指して

WWFは世界約100か国で活動している
環境保全団体です。

PAGE TOP