福岡県「ワンヘルス」国際フォーラム開催!1月30日


新年も話題が絶えない、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)。

しかし、感染者の増加や、ウイルスの変異といった、厳しい情報が飛び交う一方、ワクチンの開発や、医療従事者の方々の献身、そしてこのコロナ禍にあってそれに負けじと協力し連帯する、さまざまな人たちの心と行ないには、本当に勇気づけられる思いです。

そんな中で、もう一つ、良いニュースをお聞きしました!

福岡県で1月23日から30日かけて、「福岡県“One Health”国際フォーラム2021」が開催される、というお知らせです。

One Health(ワンヘルス)とは、人、動物、生態系、この3者の健康(ヘルス)を、一つのつながったものと捉え、守っていくことを目指すもの。

森林破壊などが深刻化し、自然界にあった未知のウイルスを持つ野生動物と、人や家畜が接触する機会が増え、新型コロナウイルス感染症などの動物由来感染症(人獣共通感染症)が多発するようになったことを受け、国際的に注目されている考え方です。

日本では家畜、人の健康、環境問題は、それぞれが別の行政や法律で管理されていますが、こうした垣根を越えて「ワンヘルス」を目指すことは、これからの未来と、新たな感染症を防ぐ上で、欠かせない取り組みです。

その意味でも今回、福岡県が中心となり、国に先駆けて「ワンヘルス」をリードする国際フォーラムの開催に踏み切ったことは、本当に心強く、嬉しいお知らせでした。

また、福岡県では自治体で初のワンヘルス条例も制定し、今後のワンヘルス実現にも期待がもたれます。

私たちが取り組む野生生物や自然保護にも、深くかかわる「ワンヘルス」。

さまざまな分野の方々と共に、これを日本でも実現できるように、頑張っていかねばと思います。

皆さまぜひ、ご参加ください!

この記事をシェアする

人と自然が調和して
生きられる未来を目指して

WWFは100カ国以上で活動している
環境保全団体です。

PAGE TOP