動画完成!日本のアースアワーサポーターズが勢ぞろい


こんにちは、広報の松岡です。
地球温暖化の防止を願って世界中の同じ日、同じ時間に消灯するWWFのキャンペーン、「アースアワー」。3月25日(土)の開催日まで、 いよいよあと6日。

「日本オリジナル版」の動画が、ついに完成しました!

アースアワーの紹介動画は、これまで毎年スイスにあるWWFの本部が制作したものを翻訳して日本語字幕を付けていたのですが、日本のオリジナル版を作るのは今回が初めて。

日本のアースアワーサポーターズや、アースアワーを応援してくださっている団体・個人の方々にも、たくさん登場いただきました!

こうしてたくさんの方の笑顔とメッセージに支えられ、地球の明るい未来を願うアースアワーらしい映像になったのが、とても嬉しいです。

アースアワーは、世界中のどこでも、誰でも、「電気を消す」という簡単な行動を通じて参加できる催しです。

地球温暖化を始め、環境問題は難しいイメージを持たれがちですが、世界中の一人ひとりが関心を持ち、小さな一歩からでも行動を起こせば、きっと未来は変えられるというメッセージも込められています。

街灯や照明の少ない場所でふと夜空を見上げた時、星や月が明るく見えるだけで、なんだか少し嬉しくなることってありますよね。

こうして普段、日常の中で忘れがちなことにも目を向ける機会として、3月25日の午後8時30分は、ぜひみなさんも電気を消して、消灯リレーに参加いただけたら嬉しいです!

関連記事

この記事をシェアする

遺贈相談担当 ドナーアドバイザー
松岡 永里子

学士(国際教養学)。広報代理店、海外WWFのウミガメ保全現場アシスタントを経て、2016年にWWFジャパンの広報メディア担当として入局。2018年より新設の遺贈担当に転向。
動物が好きで、もともとWWF個人会員でした。終活もまずは実践!と28歳で初めて自分の遺言書を作成、何度か書き換えの上、法務局に保管しています。おひとり、おひとりのお気持ちやご事情を伺い、同じ目線に立って相談をお受けしています。初めてでも、大丈夫です!先ずは雑談からでも、安心してご相談ください。

遺言書によるご逝去後の寄付「遺贈(いぞう)」のご相談や手続きを専任で担当。
大切なご支援者様の希望が実現できるよう、そしてご親族が悲しい想いをされないよう、全力でサポートします!不動産の寄付、終活全般もお気軽にご相談ください。

人と自然が調和して
生きられる未来を目指して

WWFは100カ国以上で活動している
環境保全団体です。

PAGE TOP