【参加者募集】森を守るマーク、FSC®のキャンペーンが始まりました!


こんにちは。森林担当の古澤です。
今月から森を守るマーク、FSCをより多くの人に知っていただくための取り組み「ACT FOR FOREST -みんなでつくる未来の森キャンペーン-」が始まりました。

みなさんは普段の生活やお買い物などでFSCのマークを見つけたことがありますか?

「森を守るマーク」として、私たちWWFが普及に取り組んでいる森林認証制度、FSC。

本キャンペーンは、FSC認証紙を使用した紙パックを供給する日本テトラパックとFSCジャパンとの共同企画です。

これは、木材や紙製品といった森に由来するものが、森林生態系の保全や周辺に暮らす人々に与える影響や権利、生産の現場で働く人たちの労働環境などにきちんと配慮しながらつくられたことを示すマークです。

このキャンペーンでは、参加者がSNSで写真を投稿するとFSC認証を取得している南三陸の森の支援につながったり、FSCについてのクイズに答えるとFSC認証木材を使ったプレゼントが当たったりします。

小さなマークであまり目立ちませんが、サイズ以上に大きな意味があるFSCマーク。
より多くの人に知っていただき、選んでいただけるようになることを期待しています!

キャンペーンの実施期間は12月11日(月)まで。
ぜひ参加してみてくださいね。

関連サイト

FSCマーク

自然保護室 森林グループ所属
古澤 千明

主にミャンマーとタイを担当しています。紙や天然ゴムといった森林資源に由来する暮らしに欠かせないものの持続可能な利用にも取り組んでいます。

昔から自然や生き物への興味はあったけどまさかWWFで働くことになるとは思わなかった(笑)。自然科学や生物のスペシャリストではない自分だからこそ、得られる理解・賛同もある!と信じつつ、そうは言っても日々勉強。

この記事をシェアする

人と自然が調和して
生きられる未来を目指して

WWFは世界約100か国で活動している
環境保全団体です。

PAGE TOP