今年の「アースアワー」は3月28日(土)です!


こんにちは、広報室の山本です。
今年の「アースアワー」まであと1カ月半ほどとなりました!

「アースアワー」は毎年3月の最終土曜日に行われます。夜8時30分から1時間、電気を消すアクションを通じて、世界中の人たちと「地球温暖化を止めたい」「地球の環境を守りたい」という思いをわかちあう環境イベントです。

2007年にオーストラリアでスタートし、2014年にはなんと世界162カ国7000都市以上が参加する、世界最大の環境キャンペーンへと成長しました。

日本でも2010年から実施しており、今年で5回目の実施。今年は新たに『自然エネルギーは、あてになる!』をメッセージとして、国内に広く参加を呼びかけています。

このメッセージには、原発のようなエネルギー源に頼らず、温暖化問題の解決にもつながる自然エネルギーを皆さまにもっと身近に感じていただき、「自然エネルギー100%の未来」を一緒に目指したいという希望を込めています。

WWFの事務所もだんだん忙しくなっている中、今日は、完成したばかりのアースアワー2015公式動画をご紹介します!

この動画には、パリのエッフェル塔やロンドンのビックベン、シドニーのオペラハウスなど、世界でのライトダウンの様子や環境保護への取り組みに加え、気候変動問題への深刻さに対し、国連事務総長の潘基文氏やアメリカ合衆国のバラク・オバマ大統領など、数々の著名人による熱いメッセージも収録されています。

※この動画は日本語字幕がご利用になれます。画面右下の字幕ボタン(時計マークの隣)をオンにしてご覧ください。

アースアワーの1時間にできることは決して大きなことではありません。しかし、世界中の人が同じ日の同じ時刻に同じアクションを起こすことで、ひとつの大きなムーブメントとなっているアースアワー。今年も皆さまのご参加をお願いいたします!

イベントやモニュメントのライトダウン情報などは、アースアワー特設サイトやFacebookなどで順次配信してまいります。どうぞご注目下さい!

C&M室 メディアグループ所属
山本 亜沙美

プレス担当。

海洋生物学が専門のリケジョな広報プレス担当です!この仕事に就くキッカケとなった海牛類のマナティとジュゴンなどモフモフよりもヌメッとした動物が好みですが、最近パンダに浮気中。『ゆるく完璧に』中立的な目線でWWFとみなさまをつなぐ仕事をしています♪

この記事をシェアする

人と自然が調和して
生きられる未来を目指して

WWFは世界約100か国で活動している
環境保全団体です。

PAGE TOP