アースアワーへのご参加ありがとうございました!


こんにちは、広報の山本です。
桜も開花し、春爛漫の暖かさとなった3月27日(金)28日(土)、横浜市の運河パークでイベント「Earth Hour 2015 in Yokohama」を開催しました。

会場では、自然エネルギーを身近に感じてもらえるワークショップや体験コーナーを実施。たくさんの方にエネルギーの大切さを楽しみながら感じていただくことができました。

28日アースアワーの当日の夜には、毎年恒例となったカウントダウンを実施。

準備からイベントまで支えていただいたボランティアのみなさん、ありがとうございました。

今年の日本のアースアワー親善大使に就寝した横浜F・マリノスからは、昼間の試合に勝利を収めたばかりの斉藤学選手、下平匠選手とともに、トリコロールマーメイズのみなさんとマリノスケが駆けつけてくださいました!

午後8時30分になると、ミス・アース2011ジャパンの前田智子さんの「3、2、1、ゼロ!」の合図に合わせ、コスモクロック21や横浜ランドマークタワー、ベイブリッジなど、横浜の夜景を象徴するランドマークが一斉に消灯しました。

可愛らしいボランティアさんも大活躍!

アースアワーのFacebookには、この1時間にご自宅などで思い思いのアースアワーを過ごされた全国の個人の方から、「参加しました!」と次々に投稿が届きました。こちらはFacebookにて順次ご紹介させていただきます!

また世界では、過去最多の172カ国がアースアワーに参加。エッフェル塔や国連本部、ハーバーブリッジなど1400を超えるモニュメントが消灯しました。

来年、2016年に10周年を迎えるアースアワーは3月19日(土)に行われます。節目の年に、引き続きより広く盛大に実施してゆけたらと考えています。

アースアワーへのご参加、誠にありがとうございました!

試合後に駆けつけてくださった横浜F・マリノスのみなさま

この記事をシェアする

WWFジャパン ブランド・コミュニケーション室 メディア グループ長
山本 亜沙美

大学時代の専攻していた海洋生物学をきっかけに、絶滅危惧種や環境保全活動に興味を持ち始める。2005年卒業後、米セントラルフロリダ大学院にて生物学を学び、2007年に卒業。卒業後、航空会社にて運行管理のオペレーション業務に携わった後、2010年にWWFジャパン自然保護室アシスタントとして入局。2013年より広報・プレス担当として、取材対応、記者発表などをはじめとしたメディアリレーション、イベント企画・運営などに携わる。2018年7月からメディアグループ長として、広報全般・WWFジャパンのブランドコミュニケーションを担当する。

海洋生物学が専門のリケジョな広報プレス担当です。人の心に響くものはいつの時代も変わらずですが、今は伝える手法が多様化しつつあります。情報のトレンドを追いかけ、常に一歩引いた視点で物事を見るように心がけています。休みがあればスクーバ&スキンダイビングをしにどこかの島に行っています♪

人と自然が調和して
生きられる未来を目指して

WWFは世界約100か国で活動している
環境保全団体です。

PAGE TOP