ボルネオの木材生産林で、野生のミュラーテナガザルに出会いました!


先日、ボルネオ島のインドネシア領、西カリマンタン州の森へ行ってきました。

そこは、企業が木材の生産を目的とした森の伐採権を持つ場所。

ですが今回訪れたその森は、どこを見渡しても高い木がビッシリと生え、一見とても伐採している森には見えません。

保護すべき木を残し、定められた太さに育った木だけを伐る「択伐」を行なっているため、木材の生産を続けながらも、森が守られているのです。

木を切る=森を傷つける、と思われがちですが、このように「持続可能」な木材の生産をしている企業もあります。

その森では、オランウータンの食物となる木や、ミツバチが巣を作る木など、守るべき木の細かな規定を作り、管理していました。

写真中央:野生のミュラーテナガザル

既に2回伐採したという区域でも、立派な木が並んでいる様子を、車窓越しに感心しながら眺めていると、企業の野生動物調査担当スタッフが何かを見つけました。

慌てて窓の外を見ると、そこには野生のミュラーテナガザルが!

しばし見つめあった後、長い手で枝をつかみ、体をゆらしながら森の中へと消えていきました。
この企業は、適切な森林管理を認証するFSC(R)の認証を2011年に取得。

そして認証取得後も、この企業では、森の周辺や内部にある村の地域住民と共同での密猟、密伐採防止のためのパトロールや、より環境負荷が少ない地域住民の代替産業の開発など、さまざまな取り組みを続けています。

ボルネオの森の木材が日本でも多く使われていることから、私たちもWWFインドネシアの仲間たちと一緒に、こうした活動の支援を行なっています。

野生動物だけでなく、人が生きるためにも必要な森。

そんな森を守る取り組みを、これからもお伝えしていきます。(広報:松岡)

関連リンク

C&M室 メディアグループ所属
松岡 永里子

プレス・映像担当。

長年氷上でアザラシを撮影している写真家の方に聞いた、撮影現場で着実に進む地球温暖化の影響にショックを受け、広報代理店から転職。難しい印象もある環境問題ですが、より多くの方に関心を持っていただけるような発信を目指しています。業務として始めた動画制作が今では趣味に。ドローンも練習中!

この記事をシェアする

人と自然が調和して
生きられる未来を目指して

WWFは世界約100か国で活動している
環境保全団体です。

PAGE TOP