「ナホトカ号」事故から20年


数の多い野生動物は絶滅の可能性が低い、とは言い切れないことがあります。

たとえば今の季節、日本近海でも見られるウミガラスやウミツバメなどの海鳥。

大集団で繁殖する姿が印象的で、一見絶滅とは縁がなさそうですが、こうした鳥の中には、産む卵が1~2個と少ない一方、40年以上も生きて、子孫を長く残すものが少なくありません。

つまり、何かの理由で親鳥が一気に減ると、回復が難しく、姿を消してしまうことがあるのです。

集団で繁殖するウミガラス。昔は北海道にも大きな集団繁殖地がありましたが、今はありません

その「理由」の一つに、船の事故による石油の流出があります。

羽に付着した石油は、鳥から体温を奪い取り、飲み込まれると内臓疾患を引き起こして衰弱させ、死にも至らしめます。

そして、一度流れた石油は、自然界で長く分解されないまま、さまざまな悪影響を及ぼします。

1997年1月、そんな事故の一つが冬の日本海で起きました。

ロシア船籍のタンカー「ナホトカ号」が沈没。6,000キロ超の重油が流出したのです。

ナホトカ号事故に関連して作成されたさまざまなレポート

油は島根から秋田までの海岸に漂着し、各地で必死の回収作業が始まりました。

緊急調査の実施を決めた私たちも、車で日本海へ急行。

新潟から福井まで1週間、海岸沿いを走り続け、油で汚染された鳥の姿を追いました。

各自然保護団体や地域のボランティアによる調査などの結果、この事故で確認された被害鳥は約1,300羽。

しかし、死体が回収されず、保護もされないまま、洋上で被害に遭った鳥の数は、その7倍と推定されました。

報告書からは事故当時の現場の様子がうかがわれる

それから20年。

今も、船舶事故とその対応については、課題が多く残されています。

ナホトカ号事故とは何だったのか。そこから何を学ぶべきなのか。

振り返る貴重な機会として、今週末シンポジウムが開かれます。

首都近郊にお住まいの方は、ぜひご参加ください。
(広報担当 三間)

この記事をシェアする

C&M室 メディアグループ長 WEBチーム所属
三間 淳吉

デジタルメディア等々担当していますが、普通に本が好きです。

虫を追いかけ40年。鳥を追いかけ30年。生きものの魅力に触れたことがきっかけで、気が付けばこの20年は、環境問題を追いかけていました。自然を壊すのは人。守ろうとするのも人。生きものたちの生きざまに学びながら、謙虚な気持ちで自然保護や野生生物のことをお伝えしてゆきたいと思います。

人と自然が調和して
生きられる未来を目指して

WWFは世界約100か国で活動している
環境保全団体です。

PAGE TOP