汗かきながら勉強中!


はじめまして。自然保護室の古澤です。
今月から森林プログラムの広報を担当することになりました。
森林はこれまでと、まったく畑の違う仕事なので、目下暑い事務所で汗かきながら勉強中です!

そこで学んだのですが、
木は時間が経つと成長する、森も成長するんですよね(当たり前ですが!)。

でも世界の森林が減り続けているのは、森の成長よりも早いスピードで、木が切られ、森が壊されているから…

空気も紙も、森林から生まれたものは、いずれも私たちの生活に欠かせないものばかりです。

 どんな木を選んで伐り、どれくらい使っていいものか。

森を守りながら、森の恵みを使い続けていく。それをめざした取り組みが、WWFジャパンの森林保全活動です。その活動をこれからどうやって広報してゆくか!?まだまだ妄想中(笑)です。

世界のさまざまな森林の保全にかかわる発信を行なってゆきます。
よろしくおねがいします!

20100902a.jpg

 

自然保護室 森林グループ所属
古澤 千明

主にミャンマーとタイを担当しています。紙や天然ゴムといった森林資源に由来する暮らしに欠かせないものの持続可能な利用にも取り組んでいます。

昔から自然や生き物への興味はあったけどまさかWWFで働くことになるとは思わなかった(笑)。自然科学や生物のスペシャリストではない自分だからこそ、得られる理解・賛同もある!と信じつつ、そうは言っても日々勉強。

この記事をシェアする

人と自然が調和して
生きられる未来を目指して

WWFは世界約100か国で活動している
環境保全団体です。

PAGE TOP