シャゴマ?パーマ?謎の生きもの


こんにちは、海洋担当の前川です。
先日、震災支援金を茨城県鹿嶋漁協と大洗漁協へお渡しに行った際に、こんなお話を聞きました。「魚網にからむ謎の生き物がいて、建網を掃除するのが大変だ」というのです。

茨城県では現在、原発事故の影響で、操業を中止しているコウナゴやシラス漁に代わって、刺し網の一種「建網(たてあみ)」漁が主流となっています。

この網に絡まる生物とは!?
植物のようだが、よく見ると動いており、動物らしい。見た目はくしゃくしゃで、40度くらいのお湯を使わないと、網からうまく外れないとのこと。

鹿嶋では「パーマ」、大洗では「シャゴマ」と呼ばれていますが、インターネットでしらべても、そのような名前の生き物は確認できません。

しかし、網を片付け終わった現場で、ついにその正体を確認することができました。ウミシダです。ダイビングをされる方はご存じかもしれませんが、海藻のように見えて実はヒトデの仲間(棘皮動物)。

絡み合う腕の中心には、ヒトデと同様、口を確認できます。普段は岩などにくっつき、波に揺られているウミシダはまさに海藻そのものですが、腕を巧みに動かし、泳ぎ回ることもあるようです。

ところで、大洗で使われる「シャゴマ」という別称、インターネットで調べてみると髪結いに使われる羽根飾りが出てきます。ウミシダの腕を羽根飾りに見立てたのでしょうか。
とすると、鹿嶋の「パーマ」という別称はまさにパーマヘアーのことかもしれません。

網に絡みついたくしゃくしゃの状況をヘアースタイルに例えたのでしょうか。
茨城で出会った謎の生き物、地域によって名称が違いますが、どちらも髪つながりというのは、おもしろい偶然ですね。

ウミシダ

網に絡まっていた「謎の生き物」う~ん、なかなか…

ウミシダ

真ん中に口があります

ウミシダ

海の中での様子(この写真は石垣島で撮りました)

自然保護室 海洋水産グループ所属
前川 聡

ASC認証にかかわるプロジェクトを主に担当しています。

日本各地の漁師町を訪ねては、持続的な養殖や漁業の推進のために関係者の方々と話し合いをしています。道すがら、普段はなかなか見ることができない風景や鳥を見つけては、一人ほくそえんでいます。もちろん、新鮮な魚介とお酒も! 健康診断の数値が気になるAround Fifty

この記事をシェアする

人と自然が調和して
生きられる未来を目指して

WWFは世界約100か国で活動している
環境保全団体です。

PAGE TOP