ハロウィンにかぼちゃタルトを焼いてみました


トリック・オア・トリート!
(お菓子をくれなきゃイタズラしちゃうぞ!)

広報の松岡です。
今日はハロウィンですね!

ハロウィンといえば、仮装した子どもたちが近所を訪ね歩いてお菓子をもらうイベントですが、もともとは秋の収穫を祝い、悪霊を追い払うためのお祭りが由来だそう。

オレンジ色に三角の目をしたかぼちゃのランタンは、この時期たくさん収穫できるかぼちゃの中身をくり抜いて、悪い霊を怖がらせるために怖い顔を彫るのだそうです。

事務局の入り口。総務のスタッフが飾ってくれました!

そんなハロウィンに向けて、休日に家でかぼちゃタルトを焼いてみました!

材料には、WWFの通販「パンダショップ」の商品から、メープルシュガー、メープルシロップ、紅茶のクッキーを使いました。

パンダショップでは、環境への負荷を極力減らして生産されたものや、地域社会の支援に繋がるものを販売しています。

例えば、森や野生動物に配慮して作られた木材や紙の国際エコラベルであるFSC認証の文房具やまな板や、パーム油の国際エコラベルであるRSPO認証の石鹸のほか、オーガニックの食品、風力発電の電力で織られたタオル、太陽光で発電するランタンや、リサイクルコットン製のランチバッグなど、種類も豊富です。

かぼちゃタルト:作り方
作り方はとっても簡単。粉々にくだいた紅茶のクッキーに、溶かしたバターとメープルシロップを混ぜてタルト型の底にしきます。その上に、蒸したかぼちゃをつぶして生クリーム、卵、メープルシュガーを混ぜた生地を流し入れ、170度のオーブンで約40分焼いて完成。お好みでナッツを入れても美味しいです。

私たちがこうした商品をご紹介するのは、地球に大きな負担をかけている今の暮らしを見直し、安価でも環境負荷の高い量産品に代わる「持続可能」な消費のスタイルを提案するためでもあります。

収益は全てWWFの自然保護活動に活用されるので、お買い物を通じて環境や野生動物を守る活動を応援いただけます。

2017年秋の新商品も続々入荷中ですので、ぜひチェックしてみてくださいね!

またSNSでは、ハロウィンらしい動物をたくさんご紹介中。併せてご覧ください!

ハロウィンっぽい色の動物たち。WWFのInstagramやTwitterでもたくさんご紹介中ですので、ぜひご覧ください!

関連情報

この記事をシェアする

遺贈相談担当
松岡 永里子

遺言書によるご逝去後の寄付「遺贈(いぞう)」のご相談や事務手続きを専任で担当。遺言書は、法的に有効になるような書式、内容に決まりがたくさん!不備があると無効になったり、ご親族間のトラブルになってしまいます。大切なご支援者様の希望が実現できるよう、そしてご親族が悲しい想いをされないよう、全力でサポートします。WWFの活動紹介はもちろん、寄付の用途指定や、不動産や有価証券のご寄付、終活全般もお気軽にご相談ください。匿名でも承ります。

動物が好きで、もともとWWF個人会員でした。自分も何か貢献したいと思い、海外WWFでウミガメ保護現場のアシスタントを経て、WWFジャパンに応募。日々さまざまな会員様とお話しする中で、お寄せいただくお気持ちや人生観、ご事情は本当に十人十色。純粋に動物や自然を大切に想ってくださる方々のご厚意は、なるべくお気持ちに沿ってきちんと受け継ぎ、活動に活かせればと思っています。

人と自然が調和して
生きられる未来を目指して

WWFは100カ国以上で活動している
環境保全団体です。

PAGE TOP