この海で、生きものたちと泳ぐのが大好き!(動画あり)


こんにちは、広報室の松岡です。
先月の末、ボルネオ島の、マレーシア・サバ州より、新しい海の国立公園が設立!というニュースが飛び込んできました。

その広さ、約1万平方キロ!マレーシアでは最大の海洋保護区「トゥン・ムスタファ国立公園」が誕生したのです。

ボルネオと言えば熱帯雨林が有名ですが、その周囲をとりまく海にも、色鮮やかなサンゴや魚、ウミガメなどが多く息づいています。

特に、その豊かさが知られるトゥン・ムスタファは、漁場としても大切な海。

そこで、今回の国立公園設立では、開発の規制や景観保全のルールを徹底しながら、地域の人々による漁業も守る、二つの視点を持った取り組みが目指されています。

そんな海の様子と、そこに生きる人々の想いを紹介した、素敵な動画を一つご紹介します!(マレー語音声、英語字幕)

「このきれいな海で、生きものと一緒に泳ぐのが大好き。魚やカメがいない未来は考えられない」と語る少年。 

「自然を守る大切さを知り、ダイナマイトを使う漁を止めました。海を守るため、今は息子と共に海のパトロールをしています」と語る漁師。

「魚が少なくても暮らしていけるように、漁師の妻たちがグループを作って、蔦を編み雑貨を作って売り始めました。過去にとらわれずに考え、挑戦しなければ、未来は変えられません」と微笑む女性。

この保護区の設立を実現するため、WWFマレーシアのスタッフたちは、13年間にわたり奮闘を続けてきました。

そして今、私たちが目指す「人と自然が調和して生きる」未来の姿が、ここで一つの形になろうとしています。

これからも、世界のこうした取り組みの動画をご紹介したいと思いますので、ぜひご注目ください!

関連記事

C&M室 メディアグループ所属
松岡 永里子

プレス・映像担当。

長年氷上でアザラシを撮影している写真家の方に聞いた、撮影現場で着実に進む地球温暖化の影響にショックを受け、広報代理店から転職。難しい印象もある環境問題ですが、より多くの方に関心を持っていただけるような発信を目指しています。業務として始めた動画制作が今では趣味に。ドローンも練習中!

この記事をシェアする

人と自然が調和して
生きられる未来を目指して

WWFは世界約100か国で活動している
環境保全団体です。

PAGE TOP