ボンで国連の気候変動会議に参加中


2日から、ドイツのボンで、2010年度3回目の国連の気候変動会議が始まりました! 今回は、年末のCOP16(メキシコ会議)に向けた、とても重要な会議です。

というのも、ここで検討される「議長テキスト」が、京都議定書に続く「新議定書」の条文の原案となりうる可能性を秘めているからです。これが、COP16に向けた、今後の国連交渉の確かな下地になるかどうかが、会議の焦点です。

WWFからは、気候変動チームのスタッフ約20名が参加。独自の「テキスト」修正案を作り、各国代表に対して提案を行なうロビー活動に取り組んでいます。
ウェブサイトでも情報発信をしてゆきますので、ぜひ会議のゆくえに注目してください。

 

 

この記事をシェアする

人と自然が調和して
生きられる未来を目指して

WWFは世界約100か国で活動している
環境保全団体です。

PAGE TOP