被災地・松川浦へ鳥の調査に行ってきました


自然保護室の前川です
震災と津波の被災地、福島県相馬市でWWFが進めている「暮らしと自然の復興プロジェクト」の一環として、1月24日に鳥類調査を実施してきまし た。

今回の調査は昨年9月の秋の調査に続く2回目で、冬鳥として渡来しているカモ類の生息状況を把握することが主な目的です。調査の実施ととりまとめ は、NPO法人バードリサーチに委託していますが、今回は日本野鳥の会相双支部の方2名にもご協力をいただきました。

鳥類は生息環境の特性や生態系の豊かさを表す指標となります。
また、震災以前から継続的に調査が実施されているため、自然環境の影響や回復状況を 推定するにも役立ちます。

この日は朝から青空が広がる絶好の鳥見日和で、前日からの降雪で大荒れとなった東京とは対照的な天気となりました。

この日観察された鳥類はヒドリ ガモ、カワアイサなどのカモ類の他、魚食性のタカであるミサゴなど、20種あまり。

相双支部の方によると、「震災の影響で特に個体数が減った様子はない」と言います。松川浦の環境の一部は、回復しつつあるのかも知れません。

いっぽう、鳥が多いことは、時として人の暮らしと間に軋轢を引き起こします。
自然環境の回復と同時に、水産業の復興を支援していくためには、鳥類 の生息状況をきちんと把握し、今後起こりうる問題をも視野に入れた取組が重要です。

次回調査は春を予定しています。南の地方で冬越しをしていた、シギ・チドリ類がやってくる時期になります。

photo1.jpg

魚だけを食べるタカのミサゴ。この鳥がいる
ということは、魚がちゃんといる、ということ!

photo2.jpg

カモで確認したのは、ヒドリガモをはじめ、
カワアイサ、オカヨシガモなどでした。

photo3.jpg

松川浦にそそく河口での調査

自然保護室 海洋水産グループ所属
前川 聡

ASC認証にかかわるプロジェクトを主に担当しています。

日本各地の漁師町を訪ねては、持続的な養殖や漁業の推進のために関係者の方々と話し合いをしています。道すがら、普段はなかなか見ることができない風景や鳥を見つけては、一人ほくそえんでいます。もちろん、新鮮な魚介とお酒も! 健康診断の数値が気になるAround Fifty

この記事をシェアする

人と自然が調和して
生きられる未来を目指して

WWFは世界約100か国で活動している
環境保全団体です。

PAGE TOP