ヒョウの森国立公園 実現への大きな一歩


記者発表資料 2010年5月16日(仮訳)

【ロシア・ウラジオストク発】ロシアのセルゲイ・イワノフ(Sergei Ivanov) 副首相は、ヒョウの森国立公園の設立に関する会合を開き、WWFスタッフもこれに参加した。

主要な報告は、ロシア自然資源省(Russian Ministry of Natural Resources)を代表し、ヴセボロド・ステパニトスキー(Vsevolod Stepanitskii)氏により行われた。WWFロシアCEOのイゴール・チェスティン(Igor Chestin)が共同報告者であった。

2010年9月、ウラジーミル・プーチン(Vladimir Putin)首相は、ロシア行政機関に、ヒョウ保護とケドロバヤ・パジ国立自然保護区(Kedrovaya Pad reserve)、レオパルドヴィ野生生物保護区(Leopardovyi refuge)の管理強化のための施策を講じるよう要請した。これを受けて新たな展開が、その会合で報告された。

達成された課題とは、これらの複数の保護区の統合管理体制を設立すること、十分な予算を配分すること、レンジャーの数を3倍にすることであった。ロシア自然資源省は、中国に対しトラとヒョウのための国境をまたがる保護区を設立するよう要望も送っている。

この会合では、保護区の総面積を38万ヘクタールに拡大することで合意した。これは、現在ある保護区の2倍の広さである。ケドロバヤ・パジ国立自然保護区とレオパルドヴィ野生生物保護区のほか、国境近くの警備地帯、ネジンスキー(Nezhinskoye)とボリゾヴスキー(Borisovskoye) 狩猟区、その他の土地所有者の区画も加わっている。この会合では、狩り集め、犬を伴った猟は、観光的な発展の観点から、これら新たな土地では、排除されるべきものと留意された。

「長い間、その威厳ある容姿により注目を浴びてきたシベリアトラに比べ、同じネコ科の生き物であるアムールヒョウには、なかなか焦点があてられてこなかった。異なる機関が合意できずにいた。しかし2007年にアムールヒョウは、セルゲイ・イワノフ副首相が支援を決めてから、転機を迎えた。彼の決断により、関係機関間での意見の相違による膠着状態を解決することができ、異なる管理下にあった2つの既存の野生生物保護区が統合され、ケドロバヤ・パジ国立自然保護区が主導する形で、連邦野生生物保護区レオパルドヴィを設立することが可能となった。WWFは10年にわたり、この決定が下されるよう努めてきた。この物語を終えるために残されていることは、アムールヒョウの個体数を回復させ、持続可能な自然の利用を保証する「ヒョウの森」国立公園を設立することだ」とWWFロシアCEOのイゴール・チェスティンは述べている。

 

原文:Land of Leopards national park getting its shape

Vladivostok, May 16. Vice-Primer of the Russian Government Sergei Ivanov conducted a session on creation of the Land of Leopards national park. WWF staff participated in the meeting.

Main report was done by the representative of the Russian Ministry of Natural Resources Vsevolod Stepanitskii. Among co-reporters was Igor Chestin, head of WWF-Russia.

In September 2010, Vladimir Putin encharged executive Ministries and departments with orders to take measures on leopard conservation, development of Kedrovaya Pad reserve and Leopardovyi refuge. Positive changes that have been achieved were reported at the session.
Among achieved tasks were establishing unified management for these PAs, allocation of serious amounts of money, three-times increasing of rangers staff. The Russian Ministry of Natural Resources has sent China an appeal to create transboundary PA for tiger and leopard.
At the session, borders of the future national park were agreed with the total area of the planned PA enlarged up to 380 000 hectares which is twice higher than the area of existing protected areas. Complementary to Kedrovaya Pad nature reserve and Leopardovyi refuge, the national park will add territory of near-border patrolling zone, lands of Nezhinskoye and Borisovskoye hunting estates, as well as plots of other land- users. As was noted at the meeting, round-up hunt, hunt with dogs have to be excluded in the attachable lands with the focus to be made on tourism development.
“For years the Amur leopard has been in the shade of its more regal fellow, the Amur tiger. Different agencies were not able to reach an agreement.  But in 2007, the animal had its luck after Sergei Ivanov had decided to patronize it, - comments Igor Chestin, head of WWF-Russia. – With his help it became possible to untangle the deadlock of interagency contradictions and to create on the base of two existing refuges of different subordination a joint federal wildlife refuge Leopardovyi headed by Kedrovaya Pad nature reserve. WWF has been striving for this decision to be made for ten years.   What is left is to bring the story to an end, i.e. to create Land of Leopards national park that will allow both to restore the Amur leopard population and to guarantee sustainable nature use. ”

 

この記事をシェアする

人と自然が調和して
生きられる未来を目指して

WWFは世界約100か国で活動している
環境保全団体です。

PAGE TOP