APP社へ新たな事実、認証制度PEFCは調査を要請


記者発表資料 2012年3月12日(仮訳) 

 【インドネシア・ジャカルタ発】グリーンピースの報告書がAPP(アジア・パルプ・アンド・ペーパー)社による保護樹種の違法伐採を明らかにしてから一週間のうちに、ナショナル・ジオグラフィック協会はAPP社との関係を公式に断ち、また森林認証制度PEFCは調査を要請している。

WWFは2012年2月、APP社の「第三者機関によって操業が持続可能であると認められている」との主張が、同社が言及する認証制度を組織する機関や審査機関のいずれによっても支持されていないことを明らかにしている。

グリーンピースの1年に及ぶ調査により、APP社およびAPP社への原材料供給会社はCITES(絶滅のおそれのある野生動植物の種の国際取引に関する条約、通称ワシントン条約)のみならずインドネシア国内の法律でも保護が定められている樹種、ラミンを伐採し、パルプに変えているという事実を明かした。

この保護されるべき樹種は違法に伐採され、スマトラにあるAPP社の工場でパルプにされている。グリーンピースはこの証拠をインドネシア警察に提出し、警察は調査を行う予定であるとグリーンピースに伝えている。

グリーンピースインドネシアで森林キャンペーンの代表を務めるバスター・マイター氏は次のように語っている。「グリーンピースはAPP社の違法操業の証拠をとらえました。今回の調査によって主要工場には、違法に伐採されたラミンが日常的に入れられていることが判明しました。これは違法木材を『一切認めない』という同社が公に掲げる主張を覆すものです」

これを受けPEFC は、世界各地で認証審査を行うSGSが、APP社に原材料を供給するインダ・キアット・パルプ・アンド・ペーパー社に対して認証を発行したことに公式に抗議すると発表している。またPEFCは緊急調査も要請している。

PEFCはAPP社を認証したことで環境保護団体に非難されてきた。世界のもう一つの主要な森林認証制度であるFSC(森林管理協議会)は2007年、ウォール・ストリート・ジャーナルにAPP社が誤解を招くような広告を行ったことを受けて、APP社を認証しないことを決定している。

グリーンピースの調査の一部ではゼロックス社やナショナル・ジオグラッフィック協会、ダノンといった企業の紙製品の第三者機関による検査およびサプライチェーン調査も行われ、その結果、これらの企業の紙製品にはインドネシアの熱帯雨林の繊維が含まれていることが明らかになっている。

ナショナル・ジオグラッフィックの卓上用大型豪華本からインドネシアの熱帯雨林の繊維が検出されたという新事実に対し、ナショナル・ジオグラフィック協会は「ここ何年か」はAPP社からの原材料調達を行っていないと主張している。

ナショナル・ジオグラフィック協会のスポークスマンは「私たちは現在の書籍にAPP社の製品を使用していません。APP社製の紙に印刷された本が在庫に多少あるかも知れませんが、同社が供給する原材料は何年か前から使用していません」と述べている。

グリーンピースは、ナショナル・ジオグラフィック協会が今後再びAPP社から原材料を調達することはないと「確信している」と話す。

WWFやグリーンピースといった団体は長年にわたってAPP社との論争を続けてきた。同社が熱帯雨林と泥炭地を破壊しながら製品をつくり、その結果トラやオランウータンといった野生生物を絶滅の危険に追いやり、また大量の炭素を排出し、地元住民との紛争を起こしていることがその争点になっている。

英文オリジナル

 

Investigation following new evidence against APP

Jakarta, Indonesia - In the space of a week the National Geographic Society (NGS) has publicly broken ties with Asian Pulp and Paper (APP) and the Program for the Endorsement of Forest Certification (PEFC) has called for an investigation after a Greenpeace report revealed the company was illegally logging protected tree species.

WWF recently revealed that APP claims that its operations were independently certified as sustainable were not backed up by any of the standard setting or certifying companies it mentioned.

Greenpeace’s year long investigation found that APP and suppliers were cutting and pulping ramin trees, which are legally protected under Indonesian law as well as the Convention on International Trade in Endangered Species.

The protected tree species were being illegally logged and pulped at an APP mill in Sumatra and Greenpeace has handed over its evidence to Indonesian police who told the group there would be an investigation.

Head of the Forests Campaign for Greenpeace Indonesia, Bustar Maitar said, "Greenpeace has caught Asian Pulp and Paper red-handed—this investigation shows its main pulp mill is regularly riddled with illegal ramin. This makes a mockery of their public claim to have a 'zero tolerance' for illegal timber."

Now PEFC has announced it is lodging an official complaint against the certification issued by SGS, a multinational corporation that does certification work, to PT Indah Kiat Pulp and Paper, an APP supplier. PEFC has also called for an urgent investigation.

PEFC has been criticised by green groups in the past for its certification of APP. The world’s other major forestry certifier, the Forest Stewardship Council (FSC) dropped APP in 2007 following a negative report in the Wall Street Journal.

Part of the Greenpeace investigation involved independent testing and supply chain research into paper products from companies including Xerox, National Geographic and Danone, showing they contain Indonesian rainforest fibre.

In response to the revelations that APP fibre was found in a National Geographic coffee-table book, the NGS stated it had not sourced from APP for “several years”.

A spokesman for NGS said, “We do not use APP products in our current books. While there may be a few books in our inventory that were printed on APP paper, we no longer use materials supplied by this company and have not for several years.”

Greenpeace said it is “convinced” National Geographic will not source from APP again.

For years the WWF, Greenpeace and other similar groups have been tussling with APP, targeting the paper brand for relying on rainforest and peat land destruction for its paper products, thus endangering wildlife such as tigers and orang-utans, emitting significant amounts of carbon and clashing with local people. 

この記事をシェアする

人と自然が調和して
生きられる未来を目指して

WWFは世界約100か国で活動している
環境保全団体です。

PAGE TOP