©WWF Peru

トンガの火山噴火によりペルーで油汚染が発生 緊急支援を実施中

この記事のポイント
2022年1月15日、南太平洋のトンガ沖で大規模な海底火山の噴火が発生しました。この影響により南米のペルー沿岸に高波が襲来。その影響により、首都リマ近郊の製油所で原油の流出事故が発生しました。ペルー沿岸は世界的にも貴重な海の生態系が広がる海域であり、豊かな漁場としても知られています。WWFペルーはこの事故に対し、緊急の対策プロジェクトを展開。WWFジャパンも取り組みへの支援を開始しました。
目次

高波により船舶からの油流出が発生

2022年1月15日に、トンガ沖で生じた海底火山の噴火は、約1万キロ離れた南米大陸の太平洋沿岸部にも高波をもたらしました。

その影響により、ペルーの首都リマの西に位置する港湾地域ベンタニージャ地区で、石油会社のレプソルが所有するラパンピージャ製油所から、50万ガロン以上の原油が海に流出。

2つの自然保護区を含む、近隣の海域、沿岸部への影響が懸念されています。

原油の流出は、この製油所に原油を運搬していた船が入港しようとした際に、高波を受けて生じたもので、ペルー政府は緊急事態宣言を発令。

同国の環境アセスメントの執行機関である環境評価・監査庁(OEFA)は、この油流出により、1月23日までにリマに隣接するカヤオから約40キロ北のチャンカイまでの海岸線上で、180万平方メートルのビーチが影響を受け、710万平方メートル以上の海が汚染されたと発表しました。

©WWF Peru

海岸に漂着した油。原油は特に粘度が高く、揮発しないため、長期にわたり環境を汚染します。基本的には人海戦術で取り除くしかありません。

懸念される自然環境への影響

今回の油流出が発生したペルー沿岸域は、フンボルト海流(ペルー海流)がもたらす豊富な漁業資源に恵まれた、世界でも屈指の漁場の一つであり、同時に豊かな海洋生態系が育まれている海域でもあります。

この海には1,000種を超える魚類が確認されているほか、多くの海鳥、アシカなどの海獣類、大小の鯨類が生息。

またここでの漁業は、多くの地域住民が生計を立てる基幹産業であり、国内の食料の安定供給を支えているのみならず、その水産物は、数十億ドルの外貨を生み出す重要な輸出品でもあります。

こうした自然環境と漁業の保全は、ペルーにとって、持続可能な経済活動の発展に欠かせない取り組みに他なりません。

現地の沿岸域では、すでに多くの漁業者が出漁できない事態が生じているほか、インカアジサシ、コアシナガウミツバメ、サカツラウ、グアナイウ、ペルーカツオドリ、カッショクペリカン、フンボルトペンギンといった海鳥、ミナミウミカワウソなどの海生哺乳類への影響が心配されています。

© David Strobel / WWF

フンボルトペンギンとサカツラウ。いずれもペルー海流の豊かさを象徴する海鳥です。

水鳥の場合、羽毛が油に塗れると、保温能力と浮力が失われ、低体温症になり、最終的に死に至ります。また、油が鼻孔や目に入ったり、飲み込んだりして体内に入ると、窒息や内臓疾患を引き起こすことにつながります。

こうした被害は、アシカやウミカワウソのような海獣類についても同様に生じます。

クジラやイルカなどの鯨類も、水面に出て呼吸する際に油が触れることで、鼻や目に損傷を受け、窒息を引き起こす可能性があるほか、ウミガメなどの爬虫類も、油に接触することで粘膜が炎症を起こしたり、感染症にかかりやすくなる、成長や採食、繁殖に影響が生じるといった懸念が指摘されています。

©WWF Peru

現地での漂着した油の回収作業と、回収された原油

WWFの緊急支援活動

今回の油流出を受け、WWFペルーは現地で緊急プロジェクトを開始。

SPDA、Oceana、TNC、ProDelphinusなどのNGOや民間パートナー、学術機関などが参加する「環境危機のための市民連合(Coalición Ciudadana por la Emergencia Ambiental)」と連携しながら、政府との連携、地域への支援、今後の予防と改善に向けた対応の検討に取り組んでいます。

WWFペルーはこの活動について、油流出から6カ月の実施期間を設定し、約15万ドルを充当する予定です。

©WWF Peru

被災地への支援物資の補給 

WWFペルーでは、この緊急プロジェクトを通じ、主に下記の取り組みを展開しています。

被害状況と政府対応の状況分析

  • 流出した油の性質と種類、影響を受けた地域、政府の緊急対応計画、政府と石油会社の被害対応の状況調査
  • 衛星写真の解析や海洋学的知見に基づいた、生物多様性の豊かな地域、野生生物、漁業、観光、その他の経済的影響についての分析
  • 社会経済調査の実施と、油流出が地域社会に及ぼす長期的かつ潜在的影響の評価。被害地域の社会的、経済的な代替案の検討と実現のためのロードマップの提案
  • 海外の対応計画を参考にした、今後のペルーでの油流出に対する予防策強化に向けた規制の検討。油流出を含む環境災害と緊急事態への対応の改善

漁業者に対する行政的・法的支援

原油流出事故の影響を受けた漁業者に対する、行政的・法的支援のサポート(補償や文書作成などの行政手続について)

今後の油流出リスクの評価と情報提供

ペルー政府の油流出対策の計画立案に必要なリスク評価の実施。

  • ペルー沿岸およびアマゾンで将来起こりうる油流出の可能性
  • それらの被害がもたらすと考えられる潜在的な影響とコスト
  • より持続可能な代替エネルギー源や他の選択肢への移行の可能性の説明と変化の促進

ペルー政府の油流出対策計画への提言

今後の油流出に対する、予防、計画、対応のための勧告

6か月間の緊急対応以降のモニタリングおよび影響調査

中長期的な油の影響についてのモニタリングの方法論を定義。6か月後の環境・社会的状況と対応の進捗を考慮し、再現可能な評価を実施する

また、今回の油汚染による直接の被災は免れましたが、WWFジャパンは現在、WWFペルーと共に、日本がペルーから輸入している水産物アメリカオオアカイカについて、持続可能な漁業を目指すプロジェクトを進めています。

ペルーの海の生物多様性が、日本とも確かにつながっていることを認識しつつ、この油汚染についての緊急対応についても、引き続き活動と情報発信に取り組んでいきます。

緊急アクションへのご支援をお願いいたします!

今回の油流出を受け、WWFジャパンではWWFペルーの現地活動を支援するための緊急募金活動を行なっています。
ご支援くださる方は、下記の方法にて、ぜひWWFの取り組みに活動のための資金をお寄せください。
支援募集の期間は5月末までを予定しています。
募金は下記の2通りで受け付けております。

※今回、WWFの口座へのご送金による直接のご寄付受付はおこなっておりません。

Yahoo!ネット募金

Yahoo!ネット募金のポータルサイトで、WWFジャパンの活動紹介と募金の呼びかけを行なっています。
【詳細】Yahoo!ネット募金のページへ(外部サイト)

PayPalで募金

ご自身のPayPalアカウントから募金ができます。以下のURLより「[緊急支援]ペルー原油流出対応の活動」を選択し、金額ボタンを押してください。
募金活動に参加する

引用・参考情報

WWFペルー
https://www.wwf.org.pe/informate/noticias/?uNewsID=374152
ペルー政府声明
https://www.gob.pe/institucion/oefa/noticias/577638-comunicado
Birdlife International

https://www.birdlife.org/news/2022/01/29/19703/

この記事をシェアする

人と自然が調和して
生きられる未来を目指して

WWFは100カ国以上で活動している
環境保全団体です。

PAGE TOP