“オーガニックコットン”
に関する記事

環境にやさしいイメージのあるコットン(綿)製品。しかし、UNESCO-IHEによれば、1枚のTシャツが出来上がるまでには、2,720リットルもの水が使われています。こうした環境負荷の高さから、WWFは綿製品を、特に淡水の生物多様性に最も深刻な影響を産品の1つと考えています。現在、ヨーロッパなどでは、すでにこの問題が注目され環境に配慮したサステナブル(持続可能)なコットンの調達が進んでいますが、日本ではまだこうした問題がそれほど認識されていません。また、消費者も環境のことを考えた時、どのような綿製品を「選択」すべきなのか、関心を持ち意識する機会が乏しいのが現状です。水環境に配慮した、サステナブルなコットンの在り方について考えてみましょう。

絞り込み設定

人と自然が調和して
生きられる未来を目指して

WWFは世界約100か国で活動している
環境保全団体です。

PAGE TOP