姿を消した「元祖」ペンギン


どういう理由でそうなったのか、調べがつかなかったのですが、本日4月25日は「ペンギンの日」なのだそうです。

動物園で、またさまざまなキャラクターとして、ペンギンは世界中で大変な人気者です。しかし、野生の世界では目下、全18種のうち11種が絶滅危機種とされています。

実はもう1種、絶滅してしまったペンギンがいます。正確に言えば、ペンギンによく似た別の海鳥で、名はオオウミガラス。南半球にすむペンギン類(ペンギン目ペンギン科)に対し、この鳥はウミガラス類(チドリ目ウミスズメ科)に属し、北半球の大西洋北部に生息していました。

このオオウミガラスの学名(ラテン語名)が、Pinguinus impennis。「ペンギン」の語源となった名を冠しています。

19世紀半ばに乱獲によって絶滅し、今では標本と絵でしか見ることができませんが、その姿はペンギンそのもの。通常、ウミガラス類は普通に飛べるのですが、オオウミガラスだけは飛ぶことができず、そうした点までペンギンによく似ていました。

ちなみに、Pinguinusとは、ラテン語で「脂肪が多い」というような意味だそうで、寒い海に暮らし、厳しい冬を乗り切って生きてきたためでしょうか、オオウミガラスは身体に厚く脂肪を蓄えた鳥で、その脂もまた、乱獲の対象として狙われる理由の一つとなっていたようです。

幸いにして今のところ、ペンギン類の中に絶滅してしまった鳥はいませんが、営巣できる自然環境が失われたり、漁網にひっかかって命を落としたり、気候変動による影響などによって、危機に瀕しているものが少なくありません。

「ペンギンの日」の今日、あらためてペンギンたちが生きられる海の環境を、未来に向けて守ってゆかねばと思います。(広報室:三間)

一見、ペンギン!に見えますが、違います。これは海鳥のウミガラスで、北半球にすんでおり、飛ぶことができます

オオウミガラス。19世紀半ばに乱獲によって絶滅しました

自然保護室 次長
三間 淳吉

森、海、気候、野生生物、さまざまな活動をサポートしています。

虫を追いかけ40年。鳥を追いかけ30年。生きものの魅力に触れたことがきっかけで、気が付けばこの20年は、環境問題を追いかけていました。自然を壊すのは人。守ろうとするのも人。生きものたちの生きざまに学びながら、謙虚な気持ちで自然を未来に引き継いでいきたいと思っています。

この記事をシェアする

人と自然が調和して
生きられる未来を目指して

WWFは世界約100か国で活動している
環境保全団体です。

PAGE TOP