1万キロをひとっ飛び!驚くべき地球の旅人オオソリハシシギ


自然保護室の安村です。
もうすぐシルバーウィーク、海外に行く方もいらっしゃるかと思います。

飛行機を使わず、ご自分の足で海外旅行に行かれる、という方はさすがにおられないと思いますが、自然界にはそんな驚くべき旅をする旅人がいます。

この時期、1万キロ以上の距離を自分の力で飛ぶ、オオソリハシシギです。

毎年9月終わり頃、繁殖地のアラスカを飛び立つオオソリハシシギの群は、赤道を越え、越冬地のニュージーランドやオーストラリアまで、時に一週間、無着陸で飛び続けます。

アラスカを飛び立つオオソリハシシギの渡りルート

何万年も続けられてきた、壮大な地球規模の「渡り」。

この過酷な旅には、その年の夏に生まれた若鳥たちも、親と別れ、若鳥だけの群を作って挑みます。

まだ一度も越冬地を見たことのない若鳥たちが、どうやって行き先を知り、旅を続けるのか。その本能、生態には本当に驚かされます。

これから始まる長い旅を、無事に終えたオオソリハシシギたちには、来春、私たちも会うことができるかもしれません。

オオソリハシシギのヒナ。3~4カ月で南半球をめざし飛び立ちます。

春、この鳥たちは秋とは別のルート、すなわち日本の沿岸や黄海の干潟を経由する航路をたどり、再び北の繁殖地を目指すからです。

そして、繁殖に備えるため、十分に休息し、たっぷりと食物を食べることのできる日本や黄海の干潟は、彼らにとって繁殖地と同じくらい大切な環境になっています。

しかし、シギ・チドリ類の中継地として、東アジアで最も重要な黄海の干潟は、今深刻な危機に瀕しています。

オオソリハシシギをはじめとする渡り鳥の保護には、国境を越えた国際的な協力が欠かせません。

こうした問題や取り組みに、そして何よりも、小さな地球の旅人たちに、ぜひ皆さまにも目を向けていただければと思います。

オオソリハシシギの成鳥。夏羽は赤く色づく

企画管理室長
安村 茂樹

沖縄のサンゴ礁と森、中国・韓国の干潟の保全に従事。国際会議でサイドイベント主催やロビー活動をする機会をいただきました。国際、環境、NGO-この3ワードが合わさるWWFで、何をすべきか考え、その仕事の醍醐味を実感し、行動する。そんな機会を一人でも多くのスタッフに提供したいです。毎日、自転車で通勤し、休みは、川でカヌー漕いでいます。

この記事をシェアする

人と自然が調和して
生きられる未来を目指して

WWFは世界約100か国で活動している
環境保全団体です。

PAGE TOP